四大名家に訊く

四大名家に訊く

  • 依頼主 :オルシュファン(クルザス中央高地 X26-Y17)
  • 受注条件:レベル37~
  • 概要  :キャンプ・ドラゴンヘッドのオルシュファンは、飛空艇探索について提案があるようだ。

オルシュファン
「飛空艇の行方を捜すには、
 我らフォルタン家を含む、四大名家の協力が不可欠だ。
 四大名家は、それぞれが各地の拠点を管轄している。
 広いクルザスの地で、目撃情報を集めようというなら、
 各地の名家を頼るほか道はあるまい。
 まずは、フォルタン家・・・・・・この地にいる「ニヌ」婦人だ。
 次に、アインハルト家が預かる
 アートボルグ砦群の帳簿係「クラヴラン」に話を聞くのだ。
 そして、デュランデル家が預かる
 アドネール占星台の「フォルルモル」台長・・・・・・。
 私の名を出せば、情報提供を無碍に断ることもすまい。
 残るゼーメル家については、私から手を回しておこう。
 雪原をひとっ走り、筋肉を躍動させつつ行ってくるのだ!」
ニヌと話す
ニヌ
「ガーロンド・アイアンワークスの飛空艇・・・・・・?
 フォルタン家の家中の者たちがささやく噂話なら、
 なんでも知ってるつもりだけど、聞いたことがないわ。
 最近は、もっぱら異端者の話よ。
 フランセルぼっちゃんにまで嫌疑がかかるなんて、
 アインハルト家もいよいよ・・・・・・って、ささやかれてるわ。」
クラヴランと話す
クラヴラン
「ああ、無力な私をぶってください・・・・・・!
 オルシュファン様と貴方様に協力したいのですが、
 アインハルト家は混乱しているのです・・・・・・。
 一族から多数の異端者がでて、
 もはや申し開きもできない状態。
 各地の情報を集めるなんて、とてもとても・・・・・・!」
フォルルモルと話す
フォルルモル
「なるほど、フォルタン家の騎士がお前についたと。
 ・・・・・・騎士に序されても生まれは覆せんか。
 まったく、節操がなくて困る。
 何度でも言うが、この地は戦の最中なのだ。
 新しい異端審問官ギイェーム様が着任してから、
 潜んでいた異端者も、次々と発見されている・・・・・・。
 我らイシュガルドの民に、飛空艇に構う暇なぞないのだ。
 たしかにオルシュファン卿が、己の道理を貫くのは勝手。
 だが、同じ道理を我らに期待するのは、身勝手というものだ!」
オルシュファンに報告
オルシュファン
「ふふ・・・・・・。
 雪をものともせず駆けこんでくる姿、とてもイイな・・・・・・。
 しかしその顔では、有力な情報は得られなかったか。
 最近は、要人にも異端者の嫌疑がかかっている・・・・・・
 異端者の話でもちきりになるのも、仕方がない。
 せめて都に出した使いが、何か掴んでくることを期待しよう。」