弔いは胃袋の中で

弔いは胃袋の中で

  • 依頼主 :メドゥィル(クルザス中央高地 X25-Y15)
  • 受注条件:レベル37~

メドゥィル
「私にはね、息子がいたんだよ。
 だが、吹雪の日に「悪鬼の胃袋」に迷いこんだ末、
 魔物に殺されてしまった。
 もし、あんたがこの婆の願いを叶えてくれるのなら、
 「ゴルゴタウルス」を討伐して、
 息子の仇を討ってはくれんかね?
 この「カラクールの鮮血」を持っておいき。
 振りまけば血の匂いに誘われ、奴が姿を現すそうだ。
 ・・・・・・くれぐれも、気をつけるんだよ。」
メドゥィルに霊銀の祈鎖を渡す
メドゥィル
「無事に戻ってきたんだね。
 ゴルゴタウルスを倒してくれたんだね。
 ・・・・・・本当に、ありがとう。」
(霊銀の祈鎖を渡す)
メドゥィル
「この霊銀の祈鎖は・・・・・・。
 息子のものじゃないか、懐かしいねえ。
 このイシュガルドではね、
 ドラゴン族との戦いで死ねば、聖者になれるんだ。
 だが、魔物との戦いで死んだ者は、ただの愚者さ。
 息子は大事な偵察の任務中に死んだんだ。
 それでも、みんな知らぬ顔・・・・・・。
 遺品ひとつ、仇ひとつ、取りに行っちゃくれなかった。
 見ず知らずの婆のために、ありがとうよ。
 これで、やっとあの子も浮かばれるだろうさ。」