クルザスの蛮神事情


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クルザスの蛮神事情

  • 依頼主 :ベルモント(クルザス中央高地 X26-Y16)
  • 受注条件:レベル37~

ベルモント
「俺はフォルタン家に雇われた傭兵さ。
 仕事は雑用ばかりだが、三度の飯は食えてる。
 とりあえずはな・・・・・・。
 おっと! それより、大変なんだった!
 フォルタン家の手配した荷車が、
 道中で立ち往生してるらしいんだ。
 場所は、ここから東の道を行った先だ。
 ちょっと様子を見てきてくれないか。
 雑用係は雑用で忙しくてね、任せたぜ。」
ベルモントに報告
ベルモント
「おう、おつかれさん。
 ・・・・・・なるほどね、イクサル族の仕業だったとは。
 そうか、荷車の連中は全滅していたか・・・・・・。
 イシュガルドのお偉いさんは、ドラゴン族との聖戦に夢中。
 目先の蛮族問題は、下っ端に投げっぱなしときた。
 まぁ、雑用の身には関係ないことだがね。
 ここは、人手も武器も足りねえし、クソ寒いときている。
 クルザスに出稼ぎに来たのは、間違っちまったかなぁ。
 グリダニアの熱々ムントゥイ・スープの味が恋しいや。」