戦況を絡操る巴術士

戦況を絡操る巴術士

  • 依頼主 :巴術士ギルド受付 ムリー(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:最初に選んだバトルクラスのレベル10クラスクエストを完了する

巴術士ギルド受付 ムリー
「ご機嫌よう。
 ここは、巴術の発展を目指して調査、研究を行う
 「巴術士ギルド」の受付窓口です。
 巴術とは、生命の神秘を解き明かした
 「魔紋」と呼ばれる幾何学紋様を用いて、
 己のエーテルを魔法的効果に変換する技術です。
 巴術を修める意思をお持ちならば、
 巴術士ギルドへの所属をお勧めします。
 ともに巴術の発展に尽力しませんか?」
(巴術士ギルドに入門する?)
(はい、条件未達成)
巴術士ギルド受付 ムリー
「フフ、意欲は賞賛に値しますが・・・・・・
 貴方の実力が、意欲に追いついていないご様子。
 今は、貴方が習得中の術に専心するのが得策です。」
(いいえ)
巴術士ギルド受付 ムリー
「フフ、賢明な判断です。
 知的好奇心の乏しい方に、
 深淵なる巴術の道を歩むことなど不可能ですから。」
(はい)
巴術士ギルド受付 ムリー
「フフ、そうおっしゃると予想しておりました。
 早速ですが、向学心旺盛な貴方に、
 「巴術士ギルド」の沿革を講説しましょう。
 巴術は、南洋諸島で発展した算術が起源です。
 かの地では、あらゆる自然現象を
 算術的に表現する研究が進められていました。
 その過程で、魔法に用いる魔法陣を、
 算術的に表した「魔紋」が編み出され、
 新たな魔法体系「巴術」が成立したのです。
 交易船でリムサ・ロミンサへ渡ってきた巴術士は、
 知識層として迎えられ、提督の相談役や法務に、
 携わるようになっていったのです。
 ですが、巴術士の育成は伝統的な師弟関係に依存し、
 「限られた者の魔法」であり続けました。
 これを憂慮されたのが、メルウィブ提督です。
 提督は、「巴術士ギルド」を設立され、
 巴術士に研究の場と資金を与え、
 後継の育成を積極的に取り組まれています。
 とはいえ、難解な巴術の学びは平坦ではありません。
 それでも「巴術士ギルド」への入門をご希望なら
 再度、私に申し出てください。」
巴術士ギルド受付 ムリー
「さあ、「巴術士ギルド」入門の決意が固まったのですね?」
(いいえ)
巴術士ギルド受付 ムリー
「どうやら、まだ決めかねているようですね。
 巴術を学ぶ決意が固まったなら
 また声をおかけください。」
(はい)
巴術士ギルド受付 ムリー
「英断でしたね。
 早速、ギルドマスターへ入門の意思を
 告げていただきたいのですが・・・・・・
 故あって、現在ギルドマスターは不在です。
 代わりにギルドの運営にあたっている
 ギルドマスター代理「トゥビルゲイム」へお伝えください。
 彼女は、我らギルドの母ともいえる頼もしい御方。
 そこの本棚の前にいらっしゃいますから
 声をかけてください。」
トゥビルゲイムと話す
トゥビルゲイム
「ようこそ「巴術士ギルド」へ。
 ギルドマスター代理のトゥビルゲイムだ。
 巴術とギルドの歴史は、もう聞いたね?
 説明の通り、巴術は生命の神秘に迫った魔法さ。
 魔法生命体「カーバンクル」を生み出し、
 使役する魔法なんかは、その象徴だね。
 だが、巴術の肝ってのは、
 すべての命題に明確な解を求めることにある。
 これは戦いにおいても同じさ。
 勝利という命題のために、戦術という解を求める。
 そんなわけで、巴術士には冷静に戦況を読み、
 瞬時に最適な魔法を選ぶ力が求められるんだ。
 さて、お前さんは、こんな高度な頭脳戦を強いられる
 巴術の命題に取り組む覚悟はあるのかい?」
(いいえ)
トゥビルゲイム
「そうか、そうれはちょっと残念だね・・・・・・。
 まぁ、ヘタに入門して逃げ出すよりはマシか。
 巴術を学びたくなったら、またおいで。」
(はい)
トゥビルゲイム
「断言したね。
 ならば、まずはこの「ウェザードグリモア」を装備して
 あたしに見せておくれ。」