異端の禁書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

異端の禁書

  • 依頼主 :ウジェノア(クルザス中央高地 X25-Y17)
  • 受注条件:レベル38~

ウジェノア
「スチールヴィジル近辺で
 再び、ドラゴン族が目撃されたとの情報が入った。
 だが、先日のフランセル卿の一件もあり、
 うかつに騎士を派遣することもできんのだ。
 我らの代わりに、スチールヴィジルを調査してくれぬか?」
ウジェノアに古ぼけた書物を渡す
ウジェノア
「・・・・・・なにかあったようだな。
 報告を聞こう。」
(古ぼけた書物を渡す)
ウジェノア
「この書物は・・・・・・!
 教皇庁から禁書に指定されている異端の書ではないか!
 この禁書があるということは、
 異端者がスチールヴィジルにいたということ。
 異端者め、スチールヴィジルが再建されぬよう、
 ドラゴン族と協力し、見張っていたな。
 クソ・・・・・・奴らの好きにはさせるものか!」