砦に宛てられた荷物

砦に宛てられた荷物

  • 依頼主 :ポルトゥレーン(クルザス中央高地 X24-Y28)
  • 受注条件:レベル36~
  • 概要  :アドネール占星台のポルトゥレーンは、冒険者に捜索の仕事を頼みたいようだ。

ポルトゥレーン
「先ほど、アートボルグ砦群に向かっていた荷運び人が
 道中で賊に襲われたと逃げこんできた。
 荷運び人が襲われたという場所は、西の街道だ。
 ただちに現地へ向かい、賊から荷を取り戻せ。
 荷は四大名家のひとつ、アインハルト家が管轄する
 「アートボルグ砦群」に宛てられたものだ。
 無事に取り戻せたら、砦に紹介してやろう。」
ポルトゥレーンに荷物を渡す
ポルトゥレーン
「荷は取り戻せたか?
 念のため、中身を確認させてもらうぞ。」
(奪われた荷物を渡す)
襲われた荷運び人
「ああ、よかった!
 わたくしが運んでいた荷物は、これで全部・・・・・・
 ・・・・・・おや、ひとつ多いようです。
 こちらの小箱は、荷車に積み込んだ覚えがありません。
 もしや、賊の持っていた別の荷物が混じったのでは?」
ポルトゥレーン
「宛先は・・・・・・フランセル卿?
 ・・・・・・ああ、アインハルト家のぱっとしない四男坊か。
 少々、中身を確認させてもらおう。
 こ、これは「竜眼の祈鎖」だとッ!?
 異端者の証が、何故ここに!?
 そういえば・・・・・・このところ、アインハルト家の縁者から、
 多くの異端者が見つかっていると聞く。
 だが、まさかフランセル卿まで・・・・・・?
 お前をアートボルグ砦群に紹介するのは取りやめだ。
 なにせ、フランセル卿は・・・・・・
 その「アートボルグ砦群」の責任者なのだからな!
 我がイシュガルドにおいて、
 ドラゴン族とそれに与する異端者は、根絶すべき不浄の存在。
 すぐに異端審問官様に報告し、真実を暴いてくれる!」
  奪われた荷物:異端者の集団によって奪われた荷物