デュランデル家の流儀

デュランデル家の流儀

  • 依頼主 :ヨシア(クルザス中央高地 X25-Y29)
  • 受注条件:レベル36~
  • 概要  :アドネール占星台のヨシアは、冒険者にこっそり仕事を頼みたいようだ。

ヨシア
「うう、この頼みごとをしにくい雰囲気・・・・・・。
 だけど、こんなこと冒険者さんにしか頼めないし、
 背に腹は替えられません!
 東の崖へ観測に行った仲間を、連れ戻してくれませんか?
 あの周辺は、イクサル族が徘徊する危険な場所なんです。
 本人は平気だと言っていましたが、どうしても心配で・・・・・・。」
東の崖の気品ある占星術士を救助
気品ある占星術士
「助かった・・・・・・!
 隙を見て観測を済ませようとしたら、
 イクサル族が戻ってきて、もう駄目かと・・・・・・!
 って、オマエ冒険者か!?
 早く言えよ、危うく借りを作るところだった・・・・・・!
 オレだって、デュランデル家の男。
 外から厄介ごとを持ち込んでくる冒険者とは、
 関わらないんだからな! フンッ!」
アドネール占星台のヨシアに報告
ヨシア
「ああ、お待ちしてました!
 おかげさまで彼が戻ってきたのですが、
 冒険者に助けられたと、ひどく不機嫌で・・・・・・。
 イシュガルドには、四大名家という大貴族がいます。
 中でも、デュランデル家は排他的性格の強い一族・・・・・・
 彼はその縁者なのです。
 騎兵たちの盾に刻まれた、警鐘の意匠を見ましたか?
 あれこそデュランデル家の紋章・・・・・・
 このアドネール占星台は、彼らの管轄地なのです。
 ・・・・・・聞けば、冒険者さんは飛空艇を探しているとか。
 クルザスを調べたいなら、早々にほかをあたるべきです。
 詰所にいる「ポルトゥレーン」隊長なら、
 ほかの家にも顔が利くはずです。
 相談してみてはいかがでしょう?」
詰所のポルトゥレーンと話す
ポルトゥレーン
「デュランデル家以外の名家を紹介して欲しいと?
 なるほど、その程度の礼儀は心得ているのだな。
 お膳立てしてやる理由はないが・・・・・・
 ここに長居されても厄介だ。
 ちょうどいい雑務を、お前にくれてやろう。」