凍てつく大地

凍てつく大地

  • 依頼主 :ルドヴォア(クルザス中央高地 X24-Y28)
  • 受注条件:レベル36~
  • 概要  :アドネール占星台のルドヴォアは、冒険者に人探しの仕事を頼みたいようだ。

ルドヴォア
「・・・・・・ふむ、立ち去るつもりはないと?
 ならば、せめて俺の邪魔をするな。
 まったく・・・・・・今日は厄介ごとばかりだ。
 黒衣森方面へ巡回に出た仲間が、
 既定の時間になっても戻らなくてな。
 俺と同じ・・・・・・イカした鉄仮面をつけた奴なんだが。
 貴様がこの地に留まるというなら、
 どこかで見かけることがあるやもしれん。
 そのときは、俺に報告するように。」
負傷した騎兵と話す
負傷した騎兵
「すまない、手間をかけた・・・・・・。
 巡回中に怪しい奴を見つけたんだが、急に襲われてな。
 奴らは、仇敵「ドラゴン族」に手を貸す者・・・・・・
 イシュガルドの使命に背いた国賊どもだ。
 近頃は活動が盛んだと報告されていたが、
 まさか、こんな町のそばに潜んでいるとは!
 きたない・・・・・・きたないぞ「異端者」め・・・・・・!」
ルドヴォアに報告
ルドヴォア
「巡回に出ていた仲間が戻った。
 ・・・・・・まさか、貴様に助けられるとはな。
 我々は、誉れ高き神の兵。
 よそ者は排斥せよとの勅命だが、礼を失するつもりもない。
 貴様を占星台の者に紹介しよう。
 1階にいる「エドメル」という占星術師に事情を話せ。
 ・・・・・・占星台の入り口は集落の南側、高台の上にある。」
エドメルに相談する
エドメル
「・・・・・・飛空艇を探している?
 はて、場所をお間違えではないですか。
 ルドヴォアは、おかしな方をよこしたものですね。
 ここにあるのは、星々の動きを記した記録ばかり。
 ドラゴン族の活動周期を測るための機密情報ですから、
 私の一存では見せられませんわ。
 最上階に台長様がいらっしゃるから、
 お伺いを立ててみてはいかがです?
 ・・・・・・異郷の冒険者では、難しいと思いますけど。」
フォルルモルに相談する
フォルルモル
「飛空艇の情報・・・・・・。
 それをアドネール占星台に求めるのは、
 いささかお門違いであろう。
 我らがドラゴン族と戦うのは、これが「聖戦」だからだ。
 彼奴らを滅亡させたとき、我らの魂は、
 主神ハルオーネ様のお導きにより天界へ招かれるという。
 占星台もまた、ドラゴン族を倒さんという意思の賜物。
 飛空艇の情報があったとして、
 それを探してやる道理はあるまい。」
ギイェーム
「オヤ、お取り込み中でしたか。
 近隣で「異端者」が出たと報告を受けたので、
 様子を見に来たのですが。」
フォルルモル
「これは、異端審問官様!
 申し訳ない、来訪者がおりますので、
 異端者については後ほど・・・・・・。」
ギイェーム
「ホウ、ずいぶんと腕の立つ冒険者のようですね。
 この地へは何かを探しに?
 構いませんよ、好きに探索するといい。
 ただし、協力は望まないことです。
 イシュガルドは、他者の干渉を避けることで、
 この混沌の時代に平定を保っている・・・・・・。
 おわかりいただけますね?
 我々の事情には、決して深入りしないことです。」
フォルルモル
「・・・・・・必要ならば、占星台に滞在することは許そう。
 だが、認めるのはそれだけだ。」