匠たちへの頼み

匠たちへの頼み

  • 依頼主 :アルカ・ゾルカ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:学者レベル45~

アルカ・ゾルカ
「やあやあ、Nikuq君!
 相棒のフェアリーともども、腕を上げたようだね!
 こっちの調査にも進展があったよ。
 第六星暦当時の「学者」が活躍する様子を描いたレリーフと、
 その装束にまつわる記述を発見したんだ。
 もし、学者の装束を再現できたとしたら・・・・・・
 フェアリーの記憶も、おおいに刺激されるんじゃないかな?
 とはいえ、1500年以上前の装束を、
 少ない資料を頼りに作るのは、並の職人じゃムリだろう。
 だから、専門家に協力を要請してみたんだ。
 まずは、僕がまとめた「学者装束概論」を渡しておくよ。
 これをウルダハにある裁縫師ギルドのマスター、
 「レドレント・ローズ」さんに渡して、製作を依頼してくれ。
 ただし、その前にやるべきことがある。
 材料となる「霊妖花の若葉」を手に入れる必要があるのさ。
 「霊妖花の若葉」は、今やモードゥナの
 「迷霧湿原」でしか見られない稀少な妖花の若葉だ。
 密集した樹木の間を、よく探してくれ。
 若葉を手に入れたら「学者装束概論」ともども、
 裁縫師ギルドの「レドレント・ローズ」さんに渡すんだ。
 「学者の装束」の再現、楽しみに待っているよ!」
アルカ・ゾルカ
「「霊妖花の若葉」を手に入れたら「学者装束概論」ともども、
 裁縫師ギルドの「レドレント・ローズ」さんに渡すんだ。
 「学者の装束」の再現、楽しみに待っているよ!」
裁縫師ギルドのレドレント・ローズに指定の品を渡し、学者の装束を入手
レドレント・ローズ
「あなたが、アルカ・ゾルカちゃんが言ってた「学者」さん?
 ヒトは見かけによらないのねぇ・・・・・・。」
(学者装束概論と霊妖花の若葉を渡す)
レドレント・ローズ
「この「学者装束概論」に描かれてる写し絵を参考に、
 装束を再現すればいいのね?
 なるほど・・・・・・仕立てるのは難しそうだけど、
 こんな感じの復古主義的オシャレもいいわね。
 古代のロマンをビンビン感じるわ!
 この「霊妖花の若葉」を染料に、
 シックな濃紺に染めるっていうのも素敵よね!
 さっそく作業に取りかからせてもらうわ!
 はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・
 で、できたわよ!
 私ったら、ガラにもなくハッスルしちゃったわ!
 そのぶんだけ、満足のいくデキに仕上がってるわよ。
 ただ、注意してほしいことがあるの。
 完成したのは脚衣だけ・・・・・・あとは未完成よ。
 仕上げは、それぞれの専門家に任せたいの。
 制帽は、彫金師ギルドの「セレンディピティー」ちゃん。
 手袋は、革細工師ギルドの「ゲヴァ」ちゃん。
 ブーツは、同じく革細工師ギルドの「ベリ」ちゃんよ。
 それぞれの専門家に、私が用意した
 「未完の学者装束」を渡せば仕上げてくれるわ。
 全部完成したら、
 「アルカ・ゾルカ」ちゃんに着て見せてあげなさいよ。
 あの子も装束の完成を楽しみにしてるはずだからね。」
セレンディピティーに未完の学者装束を渡し、学者の装束を入手
セレンディピティー
「はい、どうもこんにちは!
 あなたがレドレント・ローズさんの言っていた
 「学者」さんですね?」
(未完の学者装束を渡す)
セレンディピティー
「話は伺っていますよ。
 さっそくですが、仕上げ作業をやってみますね。
 できました!
 レドレント・ローズさんが仕立てた帽子に、
 ミスリル細工の留め金と飾りをちりばめてみました。
 深い濃紺に、ミスリルの白い輝き!
 うん、とっても素敵だと思いますっ!」
革細工師ギルドのゲヴァに未完の学者装束を渡し、学者の装束を入手
ゲヴァ
「ふぅん、レドレント・ローズが言っていた
 自称「学者」って、あんたなのね。」
(未完の学者装束を渡す)
ゲヴァ
「ま、いいわ。
 細かい話は抜きにして、仕上げ作業に入るから。
 こんなものかしら?
 リムサ・ロミンサから取り寄せておいた
 バッファロー革を縫いあわせたグローブよ。
 魔道書をめくりやすいように、
 指先が出る形に仕上げておいたわ・・・・・・大切になさい。」
ベリに未完の学者装束を渡し、学者の装束を入手
ベリ
「例の「学者の装束」に関する依頼だね?
 靴職人である、この私の腕が必要というのなら、
 喜んで手を貸させてもらおう。」
(未完の学者装束を渡す)
ベリ
「こんな機会は、なかなかないからね。
 気合いを入れて、仕事をするとしようか!
 ほら、お望みの品の完成だ。
 写し絵のデザインを参考に、キミが届けてくれた部品に、
 バッファロー革とボア革を縫いあわせて仕上げてみた。
 多くの命をいただいて作った品なんだ。
 くれぐれも、愛情をもって使ってくれよ。」
学者の装備をしてアルカ・ゾルカに報告
(条件未達成)
アルカ・ゾルカ
「も、もしかして、「学者の装束」が完成したのかい?
 だったら、はやく着て見せてくれよ!」
アルカ・ゾルカ
「こ、これが・・・・・・
 「ニーム海兵団」の学者が着ていた、古の制式装束ッ!
 素晴らしい出来だよ!
 石版に刻まれたレリーフから、
 こんなにすばらしい装束が再現されるなんて!
 自分で提案しておいてなんだけど、本当に驚きだ!
 あはは、キミの相棒も、
 どうやらお気に召したようだぞ!
 今回の装束再現は大成功だなッ!」
  学者装束概論:アルカ・ゾルカが記した学者装束の研究資料
  霊妖花の若葉:学者装束の製作に必要とされる染料の素
  未完の学者装束:仕上げを残すのみとなった学者装束