蛮勇の槍術士

蛮勇の槍術士

  • 依頼主 :イウェイン(グリダニア:旧市街 X14-Y5)
  • 受注条件:槍術士レベル15~
  • 概要  :槍術士ギルドマスター、イウェインは、冒険者に急ぎの依頼があるようだが・・・・・・?

イウェイン
「いいところに来た!
 Nikuq、手を貸してくれ。
 以前、お前の試練に横槍を入れた
 「フールク」という槍術士を覚えているか?
 あの、道場破りの男だ。
 そいつが、ウチのギルドの槍術士を挑発したらしくてな。
 まんまと乗せられた槍術士とともに、
 東部森林へ向かったらしい。
 ただの喧嘩なら放っておくところだが・・・・・・
 あのフールクという野郎は、何をしでかすかわからん。
 万一を考えると、俺がギルドを離れるのは得策じゃない。
 すまないが、俺の代わりに東部森林へ
 様子を見にいってくれないか?」
東部森林のフールクと話す
(囚われた槍術士
「うう・・・」)
フールク
「あなたは、いつぞやの・・・・・・また、お会いしましたね。
 私のことを覚えておいでですか?」
(覚えてる?)
(覚えてる)
フールク
「そう言っていただけて、光栄です。
 真の勇気を示す試練をこなし、「勇気の丸石」を
 手に入れたこと・・・・・・忘れるはずがありませんよね。」
(忘れた)
フールク
「やれやれ・・・・・・薄情な方ですね。
 真の勇気を教えるため、わざわざ「勇気の丸石」を
 ウォーレン牢獄へ移してさしあげたというのに。」
フールク
「見事、牢獄から石を持ち帰ったそうですね。
 素晴らしい・・・・・・やはり、私の目は正しかったようです。
 あなたには「真の勇気」を学ぶ素質がある。
 そこの腰抜けのようになりたくなければ、
 槍術士ギルドなど見放して、正しく勇気を磨くべきです。
 この私が、あなたの勇気を磨くに相応しい
 試練をお与えしましょう。
 もちろん、あなたに断る権利はありません。
 あなたには正しい勇気を知っていただかなければならない。
 断れば、この槍術士がどうなるか・・・・・・フフ。
 以前、「勇気」は「危険」に身を晒してこそ
 磨かれるとお教えしましたね。
 つまり、普通の魔物と戦う程度では、勇気は磨かれない。
 ならば、怒り狂わせ、牙を剥かせればいいんです。
 この「鈍色の錬金薬」を「大樹の根元」に撒きなさい。
 怒り狂った魔物が、あなたに襲い掛かってくるでしょう。
 それを、捻り潰してごらんなさい。」
フールク
「さあ、「鈍色の錬金薬」を「大樹の根元」に撒くのです。
 逆らえば、この槍術士がどうなっても知りませんよ?」
フールクに報告
(囚われた槍術士
「す・すまない・・・」)
フールク
「怒り狂った魔物アンガード・トレントを倒せたようですね。
 凶暴化した魔物を刺し貫くことで、あなたの勇気が
 磨かれたことでしょう。
 では次は、自らを窮地に追い込む試練を与えましょう。
 できるだけ多くの敵に囲まれることで、勇気を磨くのです。
 中央森林の「再生の根株」に向かいなさい。
 あの場所には、この時期にだけ、
 血に飢えたウルフの群れが現れる。
 その群れに突っ込み、
 奴らを率いる「アルファウルフ」を討ちとってください。
 私は、特等席でその様子を見せてもらうとしましょう。」
フールク
「中央森林の「再生の根株」にて、ウルフの群れを待ち、
 奴らを率いるボス、「アルファウルフ」を
 討ちとってみせなさい。」
アルファウルフの群れを倒せ!
雲水のフールク
「アルファウルフの「ナーヴセバー」をくらえば、
 身体は麻痺し、死あるのみです。」
「果たしてあなたは、死の恐怖に直面しつつ
 敵の動きを見極め、技を避けられますか?」
「この極限状況こそ、あなたの勇気を磨き、あなたを強くするのです!」
「やはり私が目をつけただけのことはありますね。
 では、こうしたらいかがでしょう・・・・・・?」
「フハハハハ、何も見えませんか?
 あなたの勇気で、この状況すら乗り越えてみせてください!」
「おやっ、アルファウルフが本気を出してきたようですね?」
「これにて、私は戦闘を降ります。
 あなたの勇気を、じっくりと見せていただくとしましょう。」
フールク
「見事です、Nikuq。
 危険の中に飛び込むことで、勇気が磨かれたでしょう?
 その結果として、グリダニアの者どもが重んじる
 「再生の根株」の治安を守ることもできましたしね。
 今までの槍術士ギルドの試練など、
 形だけのお遊びだったと、よくわかったでしょう。
 本当に槍術を極めたいなら、
 あの臆病者のギルドをさっさと見捨て
 私と一緒に真の槍術を探究しませんか?
 ・・・・・・フッ、今すぐ答えなくても結構ですよ。
 あなたも、いずれ私の考えを理解できるでしょう。
 それでは、またいずれ・・・・・・。」
槍術士ギルドのイウェインに報告
イウェイン
「無事だったか!
 戻ってきた槍術士から、話は聞いた。
 フールクの野郎に、試練を強いられたらしいな。
 危険に飛び込むことで「勇気」が磨かれるだなどと・・・・・・
 ふざけたことを。
 何度でも言う、「勇気」とは危険に飛び込むことじゃない。
 「乱されぬ心」と「動じぬ心」を持つことだ。
 この「ふたつの心」こそが、槍術の力を引き出すのだ。
 お前がフールクに与えられた危険を制する事ができたのは、
 ほかでもない、この「ふたつの心」・・・・・・
 正しき勇気を学んでいたからだ。
 アンガード・トレントに動じることなく、
 アルファウルフに囲まれても心を乱されなかった。
 槍術の力を最大限に引き出し、強敵との戦いを切り抜けられた。
 ・・・・・・腕を上げたな、Nikuq。
 その力を認め、槍術士ギルドに伝わる技
 「ピアシングタロン」を、伝授してやろう。
 歪んだ勇気を掲げる槍術士「フールク」を放ってはおけん。
 特にお前は、あいつに気に入られているようだしな。
 ・・・・・・いずれ、決着をつけねばならんだろう。
 だが今は、目の前のことに集中しろ。
 俺が教えた技を使いこなし、槍術の力を引き出すために
 いっそう腕を磨いてきな。」
  鈍色の錬金薬:槍術士フールクに渡された毒性の高い液体