勇気の丸石

勇気の丸石

  • 依頼主 :イウェイン(グリダニア:旧市街 X14-Y5)
  • 受注条件:槍術士レベル10~
  • 概要  :槍術士ギルドマスター、イウェインは、冒険者に勇気を磨く試練を課そうとしている。

イウェイン
「よ、待ってたぜ。
 一段と腕を上げてきたようだな。
 前回、お前は「ふたつの心」を学んだ。
 それは「乱されぬ心」と「動じぬ心」・・・・・・
 これらこそ、槍の真価を引き出す「勇気」だと教えたな。
 これからは、お前が学んだその「勇気」を、
 実戦を通して磨きあげていくんだ。
 戦う準備はできているな?
 それじゃ、早速、試練について説明しよう。
 今回、お前を待ち受けているのは、
 「敵の群れをかいくぐる」試練だ。
 敵の群れの中を進むということは、
 いつ、どこから襲われるか分からぬということ。
 さらに、敵に取り囲まれる危険があるということだ。
 突然、敵に襲われた時、
 果たして「動じずに」いられるか?
 四方を囲まれた時、心を「乱されずに」いられるか?
 この試練を乗り越えることで、
 お前の「勇気」はいっそう磨かれるだろう。
 試練の場所は、中央森林の「裸岩の丘」。
 知ってのとおり、魔物「アノール」の巣窟だ。
 目的は、奴らの獰猛な牙と爪をかいくぐり、
 その山頂に置かれた「勇気の丸石」を手に入れ、
 ギルドに持ち帰ってくること。
 頭ではわかっていても、
 始めはなかなか、思うように立ち振る舞えんだろう。
 何度でも挑み、揺れ動く心を勇気で抑えて戦ってきな。」
裸岩の丘で勇気の丸石を入手
????
「おめでとうございます。
 課せられた試練を、果たせたようですね。
 その偽物の「勇気の丸石」・・・・・・
 あなた方「臆病者」に、実によくお似合いですよ。」
フールク
「私は「フールク」。
 以前、道場でお会いしましたね。
 あなたに槍を向けた時・・・・・・
 他の槍術士とは違う「何か」を感じました。
 もしかしたら、あなたは「臆病者」ではないのかもしれない。
 ひとつ試させてもらいましょう。
 あなたに、本物の「勇気の丸石」がある場所をお教えします。
 インプの巣窟「ウォーレン牢獄」。
 こんな場所よりも、はるかに危険に満ちる場所。
 本物の「勇気の丸石」は、私がそこへ移しておきました。
 過酷な状況であればあるほど、勇気は磨かれる。
 槍術士の試練は、かくあるべきです。
 さあ、あなたが臆病者でないのなら、
 「ウォーレン牢獄」で「勇気の丸石」を手に入れ、
 槍術士ギルドへと持ち帰ってみせてください。」
槍術士ギルドのイウェインに勇気の丸石を渡す
イウェイン
「「勇気の丸石」は手に入ったか?」
(勇気の丸石を渡す)
イウェイン
「よし、確かに「勇気の丸石」だ。
 ・・・・・・随分と傷だらけになってるが、何かあったのか?
 「フールク」と名乗る槍術士から
 勇気の丸石を取り返すため、ウォーレン牢獄へ行っただと?
 ・・・・・・なるほどな。
 野郎、ただの道場破りじゃねぇってわけか。
 槍術士ギルドを「臆病者」呼ばわりとは、
 何のつもりかわからんが、舐められたものだ。
 Nikuq。
 ヤツの言葉には耳を貸すな。
 危険な場所でこそ「勇気」が磨かれるなどということはない。
 「勇気」の意味は、最初に教えたとおり、
 「ふたつの心」にほかならない。
 お前は、この「勇気」を磨くことに集中するんだ。
 今回、敵の群れをくぐりぬけたことで、
 お前の「勇気」は、さらなる高みへと洗練された。
 この戦いを、しっかりと身体に叩きこんでおけ。」
  勇気の丸石:槍術士の試練に用いられる石