イリュド神父の好きなもの

イリュド神父の好きなもの

  • 依頼主 :バリン(東ザナラーン X11-Y21)
  • 受注条件:レベル35~

バリン
「いつもお世話になっているイリュド神父様へ、
 感謝の気持ちをこめて、贈り物をしたいんです。
 しかし、残念なことに私のお金だけでは足りません・・・・・・。
 そこで、ほかの司祭様方から寄付を募っております。
 あと声をかけていないおふたり・・・・・・
 ゾゾル様とエスムール様にお声がけ願えませんか?
 そして、寄付金が集まったら、キャンプ・ドライボーンの
 商店にいらっしゃる「エルムガルド」さんに
 届けていただきたいのです。事情はお伝えしてありますので。」
エスムールから硬貨入りの革袋を預かる
エスムール
「贈り物か・・・・・・神父様は命の恩人だ。
 あの人がいなかったら、今の俺はなかった・・・・・・
 是非、一口乗らせてくれ。」
ゾゾルから硬貨入りの革袋を預かる
ゾゾル
「まあ! もちろん、喜んでご協力しますよ。
 神父様は、とても質素な生活をされている方です。
 きっと、贈り物を喜ばれることでしょう。」
キャンプ・ドライボーンのエルムガルドに集めた金を渡す
エルムガルド
「バリンさんから話は聞いていますよ。
 なんでも、イリュド神父様に感謝の贈り物をするのだとか。」
(硬貨入りの革袋を渡す)
エルムガルド
「・・・・・・お代のほう、確かにいただきました。
 みなさんに感謝されるだなんて、
 神父様の人となりがよくわかります。
 ・・・・・・これがご注文の「シナモンクッキー」です。
 神父様は、よく店先にあるクッキーを見ていらしたので、
 実は、好物なのに違いありませんよ。
 でも神父様のことだから、ご自分では召し上がらず、
 きっと孤児たちにお配りになるのでしょうね。
 そんな方だからこそ、皆あの方を敬愛するのでしょうけど。」
イリュドにシナモンクッキーを渡す
イリュド
「おや、冒険者さん。
 私に何かご用でしょうか?」
(シナモンクッキーを渡す)
イリュド
「・・・・・・これは、なんて美味しそうな
 シナモンクッキーでしょう。
 甘い香りが安らぎをあたえてくれます。
 ・・・・・・なんと、皆さんの贈り物ですって?
 このような気遣いをされなくとも、私は十分に幸せですのに。
 バリンさんたちに、お礼を言っておかねばなりませんね。
 ・・・・・・息子夫婦が生前に、
 よくクッキーを焼いてくれたことを思い出します。
 それは仲の良い夫婦でした・・・・・・。」
バリンに報告
バリン
「神父様は喜んでおられましたか?
 ・・・・・・そうですか、お亡くなりになった
 息子さん夫婦を思い出して涙を・・・・・・。
 神父様は霊災で家族を失ったと聞いています。
 そんな境遇にも関わらず、人々を救っていらっしゃる。
 私たちは神父様を、心の底から尊敬しています。」