意外な特技

意外な特技

  • 依頼主 :エドワード(東ザナラーン X11-Y21)
  • 受注条件:レベル35~
  • 概要  :聖アダマ・ランダマ教会のエドワードは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

エドワード
「ちぇッ、こりゃ駄目だ。
 ボロボロで変な形だし、底に穴も空いちゃってるよ。
 せっかくメシの煮炊きに使おうと思ったのに!
 ねぇねぇ、この「壊れた調理器」だけどさ、
 直すことってできないかな?
 ・・・・・・ムリ? なんだよ、冒険者のクセに使えねぇなぁ~。
 あっ、そうだ。墓守の「マルケズ」が、
 前に壊れた玩具を修理してくれたっけ。
 あの人なら直せるかなぁ?」
マルケズに壊れた調理器を渡す
マルケズ
「・・・・・・俺に・・・・・・何か用か?」
(壊れた調理器を渡す)
マルケズ
「これは・・・・・・蒸留器か。
 ・・・・・・そう、錬金術師が蒸留に使う道具だ。
 これでメシの煮炊きを・・・・・・?
 やれないことはないが、どちらにせよ修理しなくては・・・・・・。
 だが修理には「オーナメンタルハンマー」が必要だ。
 そうだな、「キャンプ・ドライボーン」に売ってるだろう。」
マルケズにオーナメンタルハンマーを渡す
マルケズ
「・・・・・・蒸留器の修理をするんだろう?
 それには「オーナメンタルハンマー」が必要だ。
 持ってきてくれたら、修理してやるよ・・・・・・。」
(オーナメンタルハンマーを渡す)
マルケズ
「・・・・・・持ってきてくれたか。
 わかった、修理してエドワードに返しておこう。
 この程度なら朝飯前・・・・・・のはずだ。
 ・・・・・・それにしても、この懐かしさは何だ?
 ハンマーが、やけに手に馴染みやがる・・・・・・。
 俺は昔・・・・・・こんな仕事を、していたのか・・・・・・?」
  壊れた調理器:壊れた調理器らしき残骸