止まったままの時間

止まったままの時間

  • 依頼主 :マルケズ(東ザナラーン X11-Y21)
  • 受注条件:レベル35~
  • 概要  :聖アダマ・ランダマ教会のマルケズは、修理に必要な材料を探しているようだ。

マルケズ
「・・・・・・なぁ、これを見てくれ。
 こいつは時計、しかも持ち運べる「懐中時計」ってやつだ。
 ドライボーンに収容された遺体が持っていたんだが・・・・・・。
 でも、壊れてしまっている・・・・・・。
 ・・・・・・持ち主の死とともに、時計の時間も止まってしまった。
 死者を生き返らせるのは無理だが、これなら俺が・・・・・・。
 ・・・・・・これを修理するには、専用の道具が必要だ。
 先細のタガネと小さなヤットコ。
 ウルダハの彫金師ギルドや商店で手に入るだろう、頼めるか?」
マルケズ
「イリュド神父はお忙しい方だ・・・・・・。
 ・・・・・・何かあったら、俺に言ってくれ。」
彫金師ギルドのメメデスから先細のタガネを入手
メメデス
「先細のタガネが欲しいって?
 まぁ・・・・・・必要ってんなら用意するが、
 こいつは、かなりの腕の彫金師じゃないと取り扱えないぜ?」
サファイアアベニュー国際市場のシントゴートから、小さなヤットコを入手
シントゴート
「小さなヤットコで、時計を修理するだって?
 すげえなぁ、あんな精密な物を扱える奴は、
 エオルゼア中を探しても、そうはいないぜ!?」
聖アダマ・ランダマ教会のマルケズに材料を渡す
マルケズ
「・・・・・・頼んでいた品は、手に入ったか?」
(先細のタガネと小さなヤットコを渡す)
マルケズ
「・・・・・・ありがとう、感謝する。
 すぐ修理に取りかかってみよう。
 ・・・・・・時計は直ったぞ。
 持ち主の時は止まっても、世界の時は動き続けている・・・・・・。
 しかし・・・・・・なぜだ?
 どうしてなんだ?
 ・・・・・・なぜ俺は・・・・・・時計を直せる?
 精巧に重なりあうゼンマイやアンクル・・・・・・。
 緻密なトゥールビヨン脱進器の鼓動・・・・・・。
 すべての構造を・・・・・・なぜか俺は知っている。
 そして俺の手が、修理法を憶えている。
 ・・・・・・なぜなんだ・・・・・・。
 ・・・・・・すまん、少し疲れたようだ。
 この時計を「エルネド」に渡してくれ。
 彼女は今、この時計の持ち主を弔っているところだ。」
エルネドに修理された時計を渡す
エルネド
「あら、冒険者様。
 どうかなさいましたか?」
(修理された時計を渡す)
エルネド
「・・・・・・これは時計、ですか?
 まあ、なんて小さい・・・・・・。
 こんなものは生まれて初めて見ました。
 きっと、ガレマール帝国で作られたものでしょう。
 帝国の機械技術は、エオルゼアの技術よりも
 はるかに優れていると聞いたことがあります。
 もしかしたら、この持ち主は帝国人・・・・・・。
 「ガレマール帝国」の密偵だったのかもしれませんね。
 念のため「不滅隊」に報告した方がいいでしょうか・・・・・・。
 ・・・・・・それにしても、こんなものを修理できるだなんて。
 マルケズさん、彼はいったい・・・・・・?」
  先細のタガネ:先端がものすごく細いタガネ
  小さなヤットコ:精密な部品をつまめるヤットコ
  修理された時計:エオルゼアでは見られない懐中時計