シルヴェルの弓術

シルヴェルの弓術

  • 依頼主 :ルシアヌ(グリダニア:新市街 X15-Y11)
  • 受注条件:弓術士レベル15~
  • 概要  :弓術師ギルドのルシアヌは、腕を磨いた冒険者に、シルヴェルからの指導を受けさせようとしている。

ルシアヌ
「待っていたわ、Nikuq。
 着実に腕を磨いているようね。
 以前言ったように、今回はあなたの兄弟子
 「シルヴェル」から指導を受けてもらうつもりよ。
 彼は少し尊大なところがあるけれど、
 元、神勇隊だけあって、前線で鍛えた腕は確かよ。
 彼のところへ行き、話を聞いていらっしゃい。」
シルヴェルと話す
シルヴェル
「・・・・・・確かに、以前よりは腕を上げたようだな。
 それでもお前の弓は、まったくなっていない。
 それは、「弓術士」の意味を理解していないからだ。
 弓術とは、我らフォレスターの誇り高き技。
 その真髄は、都市を守るために磨かれた、
 「見抜く力」にほかならない。
 つまり、敵の残した微細な痕跡を探したり、
 僅かな動作や異変を見つけるという力だ。
 ま、冒険者ごときに理解できるとは思えんが・・・・・・
 ルシアヌに免じて、指導だけはしてやる。
 今回お前のなすべきことは、
 東部森林に赴き、的を破壊すること。
 ただし・・・・・・今までのように簡単に壊せると思うな。
 敵の動作を見抜くことが重要だと言っただろう?
 的が仕掛けられているのは、凶暴な魔物が多い場所。
 さらに、的は簡単には見つからない場所に設置してある。
 運良く的を見つけても、射抜くためには
 魔物の群れをかいくぐらねばならんだろう。
 ・・・・・・さあ、どうすればいい?
 よく敵の動きを「観察」し、
 魔物どもに気付かれぬよう、立ち振る舞うのだ。
 目を持つ魔物ならば、奴らの視界に入らぬよう、
 目を持たぬ魔物ならば、物音を立てぬよう、行動してみろ。
 ・・・・・・俺の助言に従うかどうかは、お前次第だ。
 せいぜい努力してみるがいい。」
弓術士ギルドのシルヴェルに報告
シルヴェル
「的を壊してきたようだな。
 冒険者にしては中々根性があるようだが、
 この程度で「弓術」を知ったと思わぬことだ。
 弓術の歴史は長く、奥深い。
 我らフォレスターは、グリダニアでの幾度もの戦いを経て、
 弓術を磨き上げてきた。
 打たれ弱さを補うために、距離を生かして戦うこと、
 視界の外に身をひそめ、物陰から攻撃すること・・・・・・
 これはすべて、我々が考えぬいた・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・ばかばかしい。
 どうせ、よそ者には理解できんことだ。
 だが、万にひとつでも、
 お前に、誇り高きフォレスターの技を
 学びたいという意志があるのならば・・・・・・
 近頃、北部森林の川辺で目撃されている、
 我らが宿敵「イクサル族」の斥候部隊を撃退してみせろ。
 なに、部隊を殲滅しろという話ではない。
 部隊を率いる親玉「侵奪のネズル・カットラン」を、
 仕留めるんだ。
 「侵奪のネズル・カットラン」は、
 雑兵に周囲の様子を探らせている。
 隙をついて雑兵の目をかいくぐり、目標だけを射抜け。
 これこそが、グリダニアの弓術。
 俺が先ほどの試練で教えたことを活かせれば、
 さほど苦戦することもあるまい。
 ヤツを仕留められたならば、
 お前の真剣さを認めてやらんでもない。
 ・・・・・・もっとも、おまえに真剣さがあればの話だがな。」
侵奪のネズル・カットランを倒せ!
激高のミロードン
「巡視でイクサル族と遭遇するとはなっ!
 冒険者よ、俺も加勢するぞ!
 衛兵の意地を見せてやる!
 注意しろ、水系の高位魔法を使いやがる!
 距離をとって戦うんだ!」
(失敗時)
激高のミロードン
「無念、衛兵の名折れだ・・・・・・」
弓術士ギルドのシルヴェルに報告
シルヴェル
「北部森林の衛士から、話を聞いた。
 「侵奪のネズル・カットラン」を退けたそうだな。
 まさか本当に、あの群れをくぐり抜けるとは・・・・・・
 ・・・・・・ふん、運だけはいいようだな。
 マグレとは言え、約束は約束だ。
 ギルドで学ぶも、去るも、お前の勝手にするがいい。
 指導は終わりだ、ルシアヌに報告しておけ。」
ルシアヌに報告
ルシアヌ
「イクサル族の斥候部隊を撃退したそうね。
 驚いたわ、あの雑兵たちの目をかいくぐってみせるなんて。」
レイ・アリアポー
「けどさ! 訓練にしちゃ危険すぎだ。
 Nikuqは、冒険者だぞ?
 アイツと違って、グリダニアの駒じゃないんだ。
 おまけに、それだけの危険を冒させておいて、
 Nikuqの実力を、
 「マグレ」だなんて言いやがる。」
ルシアヌ
「あら、そうでもないわよ?」
レイ・アリアポー
「・・・・・・え?」
ルシアヌ
「シルヴェルは間違いなく、この子の力を認めているわ。
 「マグレ」と言った時、彼は口元に手を当てたでしょう?
 彼は本当のことを言いたくない時、あの仕草をするの。
 彼自身は気づいていないようだけど、この子の力に
 驚いているんだわ。
 ふふ・・・・・・。
 意外と自分のことは、見えていないものよ。
 よくやったわね、Nikuq。
 あなたは、レイとシルヴェルの指導に取り組み、
 弓術士として力を証明してみせた。
 弓術の基礎を学び終えた証として、
 ギルドに伝わる技をひとつ、伝授しましょう。
 あなたに教えるのは、「リペリングショット」。
 これは、矢を放つと同時に後方にジャンプする技。
 上手く使えば、窮地から脱することができるわ。
 実際に使って確かめてみるといいわ。
 あなたの目があれば、使うべき時はわかるはずよ。
 この調子で頑張ってちょうだい。」