レイ・アリアポーの弓術

レイ・アリアポーの弓術

  • 依頼主 :ルシアヌ(グリダニア:新市街 X15-Y11)
  • 受注条件:弓術士レベル10~
  • 概要  :弓術士ギルドのルシアヌは、冒険者に、さまざまな視点からものを見ることを学ばせようとしている。

ルシアヌ
「また少し、成長したみたいね。
 素直な「目」を持つということは、
 弓術士には大切なことよ。喜ばしいわ。
 自分の目でものごとを捉えることを知ったら、
 これからは、いろいろな視点から見ることを学んでほしいの。
 今回は、以前紹介したあなたの姉弟子、
 「レイ・アリアポー」に指導を頼んだわ。
 彼女に声をかけてみて。」
レイ・アリアポーと話す
レイ・アリアポー
「お、来たな。
 それじゃさっそく、指導に入ろうか。
 前回、的を壊す試練をしただろ?
 今回はそれを応用した練習をするんだ。
 前回との違いは、「森の中で」的を探すということ。
 わかってると思うが、森は決して安全な場所じゃない。
 常に周囲に気を配っていなければならないということだ。
 周囲にいる敵の位置を確認し、
 十分な距離を保てていれば、もし見つかっても、
 すぐに逃げて、追撃を避けることができるだろ?
 対象だけを見るんじゃなく、周囲にも目を配り、
 周りの様子を気にかけながら戦えってことだ。
 的は、中央森林に配置してある。
 前と同じく、「ヘヴィショット」で壊せるぞ。
 んじゃ頑張って。健闘を祈っているよ。」
弓術士ギルドのレイ・アリアポーに報告
レイ・アリアポー
「よし、上出来だ。
 自分の周囲に目を配って戦えたみたいだな。
 それじゃ次は、魔物との戦いで実践してみるんだ。
 確か、ちょうどいい魔物の討伐依頼が来てたような・・・・・・
 ああ、そうだ、思い出したぞ。
 東部森林のハニーヤードで、増殖した魔物、
 ツリースラッグとヴァルチャーが付近を荒らしてるらしい。
 幻術士様からの討伐依頼だ。
 鬼哭隊や神勇隊の手を借りるほどでもない依頼が
 こうして弓術士ギルドにくることがあるのさ。
 ・・・・・・押し付けたんじゃないぞ?
 こいつらは、ある「特徴」をもった敵なんだ。
 敵の「特徴」を見抜くことは、前回ルシアヌから学んだな?
 今回学んだ、「周囲の様子に目を配ること」と合わせて
 よーく考えながら、8体ずつ、討伐してきな。」
弓術士ギルドのレイ・アリアポーに報告
レイ・アリアポー
「よ、おかえり!
 その目、弓術士らしくなったじゃん。
 特徴をとらえつつ、周囲に気を配りながら戦えたみたいだな。
 ヴァルチャーは、その翼で突風を起こす。
 間合いを取ったり、裏手に回り込むなどして、
 突風をまともに受けないように戦うんだ。
 ツリースラッグの液汁は、魔法の詠唱を妨げる。
 仲間の魔道士が受けないように、敵の位置を
 気にしてやらなきゃいけない。
 敵の特徴を知った上で、
 自分の周囲に気を配りつつ、立ち位置を
 意識しながら戦うことの重要さが、よくわかっただろ?
 この戦法は、「狩り」において基本中の基本だ。
 そう・・・・・・弓術は、森での狩猟を生業とする
 ムーンキーパーの「狩り」の技術から生まれたのさ。
 今回の指導は、狩りの術のレクチャーだったわけだ。
 フフン。ルシアヌも、それをわかっていて
 アタシに任せたんだろうね。
 「狩りの術」・・・・・・。
 村で暮らしてた時は意識したことがなかったが、
 アタシも、故郷を離れてよくわかったよ・・・・・・
 ・・・・・・と、悪い悪い!
 しんみりはガラじゃないんだ、忘れてくれ。
 いいか、狩りにおいては一瞬の隙が命取りになる。
 今回学んだこと、常々頭のスミに置いておけよ。
 それじゃ、アタシの指導はこれでオシマイ。
 ルシアヌに報告してきな。」
ルシアヌに報告
ルシアヌ
「あら、おかえりなさい。
 レイの指導をこなしたそうね。」
シルヴェル
「おい・・・・・・
 ツリースラッグとヴァルチャーを討伐したというのは本当か?」
(ツリースラッグとヴァルチャーを討伐した?)
(いいえ)
シルヴェル
「見え透いた嘘をつくな。
 俺の目は誤魔化せないぞ。」
(はい)
シルヴェル
「チッ・・・・・・あのムーンキーパーめ!
 都市からの依頼を冒険者におしつけるとは、
 責任感のかけらもない!
 ルシアヌ、言ったはずだ。
 弓術を理解せぬ者をギルドに置くべきではないと。
 あいつは、都市を守るべき弓術を狩りの手段などと言う。
 この冒険者も同じだ。
 所詮はよそ者、弓術を理解できるはずがない。」
ルシアヌ
「シルヴェル。
 あなたの弓術の腕は認めるわ。
 あなたがグリダニアを大切に思っていることも。
 けれど、それだけではいけません。
 あなたはまだ知らなければいけないことがある。
 Nikuqは成長したわ。
 彼女から目をそらさないで。」
シルヴェル
「・・・・・・・・・・・・。」
ルシアヌ
「彼女の次回の指導は、
 あなたにお願いするつもりよ、シルヴェル。
 Nikuq、あなたもそのつもりで。
 レイに教わったことを念頭に、しっかりと腕を磨いてくること。」
シルヴェル
「フン・・・・・・。
 勝手にしろ。」