憤怒の岩神タイタン

憤怒の岩神タイタン

  • 依頼主 :リオル(高地ラノシア X31-Y24)
  • 受注条件:レベル34~
  • 概要  :キャンプ・ブロンズレイクのリオルは、冒険者にタイタンの情報を教えたいようだ。

リオル
「その昔「海雄旅団」でコボルド族の調査といえば、
 俺の仕事だったんだ。
 すでに「蛮風エーテライト」の位置は特定してあるぞ。
 なに? 蛮風エーテライトを知らないだって?」
ヤ・シュトラ
「蛮族が独自に設置したエーテライトのことよ。
 私たちが日頃使うエーテライトとは、似て非なるもの。
 原理は同じはずだけどね。」
リオル
「よう、ねーちゃん。
 帰ってきたのかい。」
ヤ・シュトラ
「ちょうど、蛮風エーテライトの情報を調べていたのよ。
 コボルド族が棲んでいたオ・ゴモロ山は、険しい岩山。
 そうそうと移動はできないはず。
 きっと、何らかの移動手段があると考えたの。」
リオル
「コボルド族は迷宮のような穴ぐらに棲むからな。
 それを、ひとつひとつ調べていくのは果てしもない話だ。
 それに、そんなことをしでかしたら、
 あっという間に退路を断たれて、袋叩きさ。
 目的は、蛮神「タイタン」なんだろ?
 奴を叩くだけなら、奴らのエーテライトを使って、
 直接、火口にある神殿に飛ぶのが手っ取り早いのさ。」
ヤ・シュトラ
「でも、私たちには蛮風エーテライトは使えないわ。
 そもそも、あれは蛮族たちが交感するために
 作られたものだから。」
リオル
「海雄旅団があったころは、俺たちは、
 シャーレアン人の魔道士に協力してもらって、
 蛮風エーテライトを使っていたのさ。
 ねーちゃんもシャーレアンの出なんだろう?
 同じようにできるんじゃないのかい?」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・そうか、地脈を利用している原理が同じなら、
 エーテライトと人を結ぶ仲介役が
 流れを安定させてやれば・・・・・・。
 うん、いけそうよ。
 エーテライト技術は、私たちシャーレアンの専売特許よ。
 きっと、やってみせるわ!」
リオル
「へへっ、大丈夫のようだな。
 今は使われてない警備の手薄な蛮風エーテライトが、
 ここからほど近い「ゼルマ渓谷」にある。
 あの辺りは、魔物の住処だ。
 蛮神「タイタン」を討つ前に、くたばるんじゃねぇぞ!」
ゼルマ渓谷の蛮風エーテライトを調べる
ヤ・シュトラ
「これが、蛮神「タイタン」の神殿へ通じるという、
 蛮風エーテライトね。
 ・・・・・・なるほど。
 パパリモからの情報のとおりだわ。
 まともに手入れされてなかったためか、
 常にエーテルを流し続けないと機能しないみたいね。
 私はここに残って、蛮風エーテライトが機能するように、
 エーテルを送り続ける。
 あなただけでも、先に神殿へ飛びなさい。
 心配してくれるのね、ありがとう。
 でも、大丈夫よ。
 この周辺は、黒渦団が守ってくれているわ。
 ・・・・・・戦いになれば、エーテルが大きく乱れるはず。
 その流れを追って、後から駆けつけるわ。
 ・・・・・・それじゃ、いくわよ!
 情報どおりなら、飛んだ先は敵陣のど真ん中よ。
 ・・・・・・気を付けて!」
ヤ・シュトラ
「私はここに残って、蛮風エーテライトが機能するように、
 エーテルを送り続ける。
 飛んだ先は敵陣のど真ん中よ、気をつけて!」
蛮神「タイタン」を討伐
怯えたコボルド族
「ひー ヒトだあ!
 ヒトがー 乗り込んできたー!
 オラたちのー エーテライト使ったんかー!」
怒れるコボルド族
「ヒトめー! だいーちは コボルド族のもんだー!
 侵略者めー!
 タイタンさーまの 聖域を侵すつもりーか!」
コボルド族たち
「でてーけ! でてーけ!
 だいーちは オラたーち コボルド族のもんだー!
 ヒトはでてーけ!」
ペイトリアーク02 ザ・ダ
「しずまーれー! しずまーれー!
 タイタンさーまの 御前なるーぞ!!
 我らが聖域にー 迷い込みしヒトの子よー!
 我らはタイタンさーまを およーびしたー!
 古のー協定をーやぶったヒトを罰するーためー!
 まずーは きさーまをー
 タイタンさーまのー生贄にーささげるー!
 そのうえーで ヒトのみやーこに 攻め入ろうぞー!
 だいーちを統べるー我らが父よー!
 きたりまーせー! きたりまーせー!
 岩神タイタンよー きたりまーせー!!」
コボルド族たち
「タイタンさーま!
 タイタンさーま!」
タイタン
「我が聖域を踏みにじるヒトの子よ・・・・・・
 コボルド族の・・・・・・我が愛しき子らの嘆きが聞こえた・・・・・・。
 己の欲望のままに、大地を侵し、
 我が子らを殺す者よ・・・・・・。
 その行い許すまじ!
 ・・・・・・その気配・・・・・・。
 お主、もしや焔神「イフリート」を屠ったか!?
 ぬぬぬぬぬぬ、侮りがたし、ヒトの子よ!
 それでも、我が内から湧きいずる大地の怒りは止められん。
 この場で圧殺してくれようぞぉぉぉぉぉ!」
タイタン
「横暴なるヒトの子よ・・・・・・
 お主を屠り、我が子らの嘆きを止めようぞ!
 轟け、大地の躍動よ!
 地の底に沈むがいい!
 轟け、大地の躍動よ!
 地の底に沈むがいい!
 滾る! 滾るぞ!
 憤怒の血が、我が心臓に注ぎ込む!
 「大地の怒り」に砕け散れぇぇぇぇぇ!
 耐えぬく気概や良し!
 その意思、我が拳で粉砕せん!
 ぬぬぬぬ・・・・・・無念・・・・・・
 愛しき子らの悲嘆、いずれ必ず・・・・・・。」
コボルド族たち
「あー タイタンさーま・・・・・・。
 きえちゃだーめ タイタンさーま・・・・・・。」
ペイトリアーク02 ザ・ダ
「タイタンさーまに 仇なーすヒトの子よー!
 覚えておくーがいいー!
 お前たーちが 盟約をたがえーなけれーば
 我らーも 山をおりーることーは なかったーのだ!
 お前たーちが 大地を侵すーかぎーり
 我らーも 抵抗をー やめなーい!
 覚えておくーがいいー!」
ネロ
「蛮神「タイタン」か、大した数値だったぜ。
 よし、これで十分なデータが得られたな。
 いよいよ大詰めってわけだ。」
????
「お前が造っている例の玩具・・・・・・。
 本当に、想定どおりの力があるのだろうな?」
ネロ
「リットアティン、オレを誰だと思ってるンだ?
 この程度の蛮神なら、片手で捻り潰せるだろうぜ。
 脅威の存在ってヤツだ。
 それに、あの話が本当なら、
 エオルゼアを焼き尽くすことだってできる。
 ・・・・・・そうなンだろ、大将?」
アシエン・ラハブレア
「無論だとも・・・・・・。
 脅威の存在は、究極の存在へと昇華するであろう。」
リットアティン
「戦(いくさ)は数だ・・・・・・。
 個の力が大局を左右するなど、信じられんわ。」
ネロ
「それを可能にしちまうンだよ。
 オレの「玩具」はな。」
リットアティン
「フン・・・・・・。
 どうにも好かんな。」
アシエン・ラハブレア
「俗物が・・・・・・。
 これで4属性目の光のクリスタルか。
 ・・・・・・面白い。
 ハイデリンの使徒よ・・・・・・。
 せいぜい、利用させてもらうとしよう。」
ヤ・シュトラ
「エーテルの痕跡を残さずに転移した・・・・・・?
 まさか、今のは「エスケプ」なの?
 時空転移の魔法を軽々と使うだなんて。
 ・・・・・・あの存在、間違いなく「アシエン」ね。
 ・・・・・・そして、ここにも帝国の陰。
 まさか手を組んでいるとは思わなかったわ。
 いったい、何を考えているのかしら。
 少し探りを入れたほうがよさそうね・・・・・・。
 蛮神「タイタン」を倒したのね。
 無事でよかったわ・・・・・・。
 ここに来る道中で、ちょっとした罠を仕掛けてきたの。
 しばらくの間、コボルド族たちは身動きができないはず。
 今のうちに脱出しましょう。
 今なら、蛮神「タイタン」から放出されたエーテルで、
 ここへ来た蛮風エーテライトへ送り届けることができる。
 私は調査したいことがあるから、ここからは別行動よ。
 ・・・・・・すぐに戻るわ。
 「キャンプ・ブロンズレイク」で落ち合いましょう。」
キャンプ・ブロンズレイクのヤ・シュトラに報告
ヤ・シュトラ
「・・・・・・よかった、無事落ちあえたわね。
 ここまで来れば安心よ、お疲れさま。」