晩餐に添える華

晩餐に添える華

  • 依頼主 :ヴェイスケート(東ラノシア X32-Y30)
  • 受注条件:レベル33~
  • 概要  :コスタ・デル・ソルのヴェイスケートは、冒険者に手伝わせたいことがあるようだ。

ヴェイスケート
「・・・・・・さあ、ついに準備が整ったな。
 いろいろとご苦労だった。
 すでに、ゲゲルジュの旦那が
 「特別な晩餐」で歓待する要人・・・・・・
 「美人の女学者」と、その連れが到着していてね。
 美人っつっても、俺はミコッテ族の女に興味はねえが・・・・・・。
 学者の連れの「腕の立つ冒険者」は、
 十分に歓待してやらんとな!
 そうだ、飾りつけや配膳の手が足りんらしい。
 「ディルストヴェイツ」の手伝いをしてこい。
 ・・・・・・あいつの料理はンまいぞ。
 期待しておけ。」
ディルストヴェイツと話す
ディルストヴェイツ
「おっとっと、ちょうどいいところに来たな!
 この「三大珍味の料理」と「鮮やかな花々」、
 それから「バッカスの酒杯」を配ってくれよ!
 お前のおかげで用意できた「特別な晩餐」だ!
 最後まで、手を抜かずにやってくれよ?」
ヴェイスケートに報告
ヴェイスケート
「よし、準備は整ったようだな。
 では早速、宴を始めるとしようか!!
 歓待する「美人の女学者」は、すぐそばにいる。
 さあ、声を掛けてみろ!」
  三大珍味の料理:大亀卵の瓶焼き、ウォーム肉野菜炒め、ゴブチーズグラタンの三品
  鮮やかな花々:食卓を飾りつけるための花々
  バッカスの酒杯:第六星暦1547年に作られた幻のヴィンテージワイン