密林の男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

密林の男

  • 依頼主 :シャマニ・ローマニ(東ラノシア X21-Y21)
  • 受注条件:レベル33~
  • 概要  :ワインポートのシャマニ・ローマニは、冒険者にお使いを頼みたいようだ。

シャマニ・ローマニ
「生きる希望か・・・・・・。
 あのワインが失われたからといって、
 希望まで失われたわけではありませんね。
 私の希望、それは私の腕を信じて依頼をくれた我が友と、
 そして貴方のために、
 今ある最高のワインを用意すること・・・・・・。
 あのワインには及ばなくとも、
 きっと「特別な晩餐」に合うワインを見つけてみせます。
 次の手を考えますので、少々お時間をいただけますか?
 その間に・・・・・・
 あなたにひとつ、お願いがあるのです。
 2年前、私がワインポートへ辿り着く以前の出来事です。
 光を失ったことで絶望し、各地を放浪していた私は、
 「ドレスト」という男性に命を救われました。
 そのドレストに、私が作ったワインを贈りたいのです。
 初めて仕込んだものだけに、まだまだ未熟なワインですが、
 新たな人生の証を、彼に味わってほしいのです。
 彼は今「レインキャッチャー船着場」で働いているとか。
 船着場の船頭「リットスキルト」に彼の所在を聞き、
 この「ローマニのワイン」を渡してもらえますか?」
リットスキルトと話す
リットスキルト
「ドレストだって? ああ、あの流れ者か。
 たまに荷運びの仕事を頼んで、日当をやってるんだが・・・・・・
 正直、あまり関わらないようにしてるんだ。
 なんか薄気味悪い、異様な雰囲気の男でな。
 顔にどえらい怪我を負ってるし、ありゃ絶対カタギじゃない。
 奴なら「切られた革紐亭」に住み着いているぞ。」
ドレストにローマニのワインを渡す
ドレスト
「・・・・・・何か用か・・・・・・。」
(ローマニのワインを渡す)
ドレスト
「・・・・・・あの盲目の男が、ワインを俺に?
 フン、余計なお世話だ、礼はしねェぞ・・・・・・。
 ・・・・・・ん? また・・・・・・この音か・・・・・・うう・・・・・・うううう。」
  ローマニのワイン:シャマニ・ローマニが初めて仕込んだというワイン