失われた伝説を訪ねて

失われた伝説を訪ねて

  • 依頼主 :シャマニ・ローマニ(東ラノシア X21-Y21)
  • 受注条件:レベル32~
  • 概要  :ワインポートのシャマニ・ローマニは、冒険者にお願いしたい仕事があるらしい。

シャマニ・ローマニ
「現在、このワイナリーで採れるブドウのほとんどは、
 「ローランドグレープ」という品種です。
 品質も、けっして悪くはありません。
 しかし、この品種では、
 私の求める最高のワインは作れないのです・・・・・・。
 霊災以前、ローランドグレープを品種改良した折に、
 神のいたずらによって偶然創られたという、
 奇跡のブドウ種「バッカスグレープ」・・・・・・!
 このワインポートの肥沃な土でしか実らないという
 大粒の「バッカスグレープ」を、
 超一流の醸造師が精魂こめて醸造する・・・・・・。
 そこから生まれる至高の一滴こそが・・・・・・!
 私の求める最高の、いえ究極のワイン、
 「バッカスの酒」なのです!!
 ・・・・・・すみません、少々興奮してしまいました。
 海雄旅団を引退した後、私は一度だけ、
 あの味に触れることができたのです。
 ・・・・・・それは、まるで天界におわす十二神。
 目の見えない私に彩り豊かな世界を与えてくれた・・・・・・。
 ですが、「バッカスグレープ」の木は、
 5年前の霊災で、全滅してしまったといいます・・・・・・。
 つまり、もう「バッカスの酒」は作れないのです。
 しかし、「特別な晩餐」に合うのは、あのワインしかない。
 望みがあるとすれば、ここの醸造師の秘蔵品・・・・・・
 誰か持っていないか尋ねてみてください、お願いします。」
醸造師と話す
ユングバル
「「バッカスの酒」かぁ・・・・・・。
 あの美酒を味わいたいという気持ちは分かるが、
 さすがに無い物ねだりというものだろう。」
ツリム・フーリム
「「バッカスの酒」だって?
 ありゃ第七霊災で全部なくなっちまったよ。
 なんせ、ワイン蔵が跡形もなく吹き飛んじまったからなぁ。」
シャマニ・ローマニに報告
シャマニ・ローマニ
「・・・・・・そうですか。
 ボトル1本でも残されていないかと思ったのですが・・・・・・。
 悔しいですが、諦めるしかないようです・・・・・・。
 実は「バッカスの酒」こそ、
 私がワイン職人を志したキッカケだったのです。
 蛮神「タイタン」との激戦で光を失い、
 絶望のどん底にあった私に、
 生きる光明を与えてくれたのが、あのワインの味でした。
 まだこんなにも豊かで美しく素晴らしいものがある・・・・・・。
 そして、私はそれを充分に享受できる能力を持っている。
 目が見えなくとも心があれば、人は生きていけるのだと。
 あの時に飲んだ「バッカスの酒」こそ、
 私の生きる希望、そして強き心の証だったのです・・・・・・。」