シャマニ・ローマニの求める香り

シャマニ・ローマニの求める香り

  • 依頼主 :シャマニ・ローマニ(東ラノシア X21-Y21)
  • 受注条件:レベル32~
  • 概要  :ワインポートのシャマニ・ローマニは、冒険者に「最高のワイン」についての情報を教えたいらしい。

シャマニ・ローマニ
「私は戦いで光を失い「海雄旅団」を引退しました。
 ・・・・・・流れ着いたこのワインポートで
 ワイン造りに第二の人生を捧げようと思っております。
 ウフフ、ほかならぬディルストヴェイツの依頼です。
 すぐに最高のワインを用意しましょう。
 ・・・・・・と言いたいところなのですが。
 今現在、私の手元にあるワインは、
 どれもセカンドラベル・・・・・・格下のものばかりなのです。
 一級品であるファーストラベルのワインは、
 醸造師であり、ワイナリーのオーナー・・・・・・
 「ビルギレント」という男が独占しています。
 あまりお薦めはできないのですが・・・・・・
 この際、仕方がないですね。
 ビルギレントに相談してきてもらえますか?」
ビルギレントと話す
ビルギレント
「なんですか、このワインは!?
 すっかり酸化して、とても飲めたものではありません!
 これはワインへの冒涜! 保存管理者はクビにしなさい!
 ・・・・・・うん? 誰ですかアナタは?
 シャマニ・ローマニからの遣いですって?
 ふん、あの新参者の醸造師ですか。
 ワインを譲って欲しいとは・・・・・・ンふふ、冗談でしょう。
 どうして、どこのチョコボの骨かも分からない輩に、
 高級ワインを差し上げなくてはならないのですか?
 真の美を知る舌もないような者など、
 泥水でも飲んでいるのがお似合いですよ。
 ンふふふふ、さぁ、お帰りなさい!」
シャマニ・ローマニと話す
シャマニ・ローマニ
「・・・・・・やはり、追い返されましたか。
 彼は、このワインポートを支配する醸造師の権威。
 そしてリムサ・ロミンサのワイン王とも呼ばれる存在・・・・・・。
 たしかにワインに賭ける情熱は素晴らしいのですが・・・・・・
 ちょっと性格に難がありましてね。
 そのうえ、やっかいなことに、絶大な権力を持っています。
 ・・・・・・冒険者さん、私の光となって、
 少々手助けしてくれませんか?
 私たちで、最高のワインを見つけだしましょう。」