思い出の土産酒


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

思い出の土産酒

  • 依頼主 :ウ・オド・ヌン(南ザナラーン X14-Y29)
  • 受注条件:レベル31~
  • 概要  :忘れられたオアシスの族長ウ・オド・ヌンは、冒険者に届けてほしいものがあるようだ。

ウ・オド・ヌン
「この「オニキスブランデー」を、
 「コスタ・デル・ソル」の「ヴェイスケート」副団長に、
 届けてほしいのさ。
 副団長には、昔、さんざん世話になってな。
 俺が若くて血気盛んだった頃は、
 何かと副団長に、つっかかっちまったのさ。
 副団長は、どんなに俺が生意気なことを言おうと、
 俺の「力」だけは認めていてくれた。
 ・・・・・・わがままに随分付き合ってもらったもんだ。
 「三大珍味」を、もう2つも手に入れたんだ。
 さぁ、最後の珍味の情報を、副団長に聞いてきな!」
コスタ・デル・ソルのヴェイスケートにオニキスブランデーを渡す
ヴェイスケート
「・・・・・・ウ・オド・ヌンのもとから帰ってきたか。
 「珍味」の調達は、順調のようだな。」
(オニキスブランデーを渡す)
ヴェイスケート
「こいつは・・・・・・。
 俺が好きな「オニキスブランデー」じゃないか。
 ・・・・・・ウ・オドの野郎、お前のことを気に入ったようだな。
 さぁ、次は「エオルゼア三大珍味」最後の品だ。
 準備ができたら、始めようじゃないか。」
  オニキスブランデー:縞瑪瑙のような色合いの特製ブランデー