ラムトンウォームの肉

ラムトンウォームの肉

  • 依頼主 :ウ・オド・ヌン(南ザナラーン X14-Y29)
  • 受注条件:レベル31~
  • 概要  :忘れられたオアシスの族長ウ・オド・ヌンは、冒険者のことを気に入ったようだ。

ウ・オド・ヌン
「やれやれ、とんだ冒険者が来たもんだな。
 「海雄旅団」がまだ残っていたら、
 勧誘していたところだぜ。
 さあ、お前の求める情報に答えよう。
 この辺りで採れる「エオルゼア三大珍味」は、
 「ラムトンウォームの肉」だ。
 ラムトンウォームとは、メスのサンドウォームのこと。
 だが、こいつは個体数が少ないうえ、滅多に姿を現さない。
 この周辺に現われる奴らは、全部オスなのだ。
 ラムトンウォームをおびき寄せるには
 餌で釣るしかない。
 奴の縄張りの近くに、
 好物である「アングラーの死体」を置いてみろ。
 場所は、地図に印をつけておいた。
 アングラーの死体は、
 アングラーを倒せば手に入るはずだ。
 腹を減らしたラムトンウォームは凶暴だが・・・・・・。
 そこは、てめぇの技量で切り抜けるんだぜ?」
ウ・オド・ヌンにラムトンウォームの肉を渡す
ウ・オド・ヌン
「おう、調子はどうだ。
 「ラムトンウォームの肉」は手に入ったか?」
(ラムトンウォームの肉を渡す)
ウ・オド・ヌン
「・・・・・・コイツはたまげた。
 いや、てめぇならできると思ってたぜ。
 てめぇの「技量」は、たしかに見届けた。
 ラムトンウォームの肉は足が早いからな。
 日保ちするよう燻製にして、
 あとでヴェイスケート副団長に送っておいてやろう。
 さて、最後の「珍味」の在り処だが・・・・・・
 お前にゃ悪いが、俺は知らねえんだ。
 「コスタ・デル・ソル」に戻って、副団長に聞いてくれ。
 ・・・・・・っと、そうだ。
 どうせコスタ・デル・ソルまで帰るなら、
 副団長に、手土産を持っていってくれないか。」
  アングラーの死体:アングラーのちょっと臭い肉
  ラムトンウォームの肉:メスのサンドウォームのプリプリとした白身