ウ族の試練


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウ族の試練

  • 依頼主 :ウ・オド・ヌン(南ザナラーン X14-Y29)
  • 受注条件:レベル31~
  • 概要  :忘れられたオアシスの族長ウ・オド・ヌンは、冒険者を試したいようだ。

ウ・オド・ヌン
「狩人としての技のほどは認めよう。
 だが「傭兵」としての力を見せてもらわねば、
 てめぇの技量は測れん。
 傭兵としての技量を試すために、
 知性のある者・・・・・・アマルジャ族と戦ってもらおう。
 それも兵長レベルの「石突のタナド・ガー」だ。
 この「血濡れのギザルメ」を砂漠に置き、
 側に身を隠して「石突のタナド・ガー」が現われるのを待て。
 こいつは奴の部下から奪った槍、回収しに現われるはずだ。
 そこを奇襲して、蛮風の首飾りを手に入れろ。
 うまく持ち帰れば、てめぇを認めて、
 「珍味」の在りかを教えてやってもいい。」
ウ・オド・ヌンに蛮風の首飾りを渡す
ウ・オド・ヌン
「蛮風の首飾りを持ってきたら、
 てめぇの技量を認めてやろうじゃないか。」
(蛮風の首飾りを渡す)
ウ・オド・ヌン
「・・・・・・フン、石突のタナド・ガーも倒したか。
 俺が渡した、この「痺れの水薬」を使いこなせたようだな。
 奴らは水分をあまり必要としない民族だ。それゆえ・・・・・・
 ・・・・・・って、ありゃ?
 なんでここにまだ「痺れの水薬」が・・・・・・。
 俺としたことが、渡しそびれていたってのか?
 それじゃ、ま、まさかてめぇ・・・・・・。
 この薬なしで石突のタナド・ガーを・・・・・・?
 ・・・・・・・・・・・・プッ・・・・・・ぶははははは!
 なかなか面白い奴だ、気に入った!
 てめぇの技量、認めてやるよ!!」
  血濡れのギザルメ:ウ・オド・ヌンがアマルジャ族から奪った戦利品
  蛮風の首飾り:アマルジャ族の認識票を兼ねた首飾り