頼れる相棒

頼れる相棒

  • 依頼主 :ドセット(黒衣森:南部森林 X17-Y28)
  • 受注条件:レベル30~

ドセット
「ちょっと、そこのあなた!
 微妙に漂うそのチョコボ臭さ・・・・・・
 さては「マイチョコボ」の所有者ね?
 旅から旅への冒険者生活なのでしょうけど、
 もう少し臭いにも気を配ったらどうかしら・・・・・・。
 それにチョコボの訓練も、まだまだの様子ね。
 中央森林の「ベントブランチ牧場」にいる牧童、
 「ルクロ」に教えを請うといいでしょう。」
ベントブランチ牧場のルクロと話す
(グリダニアが開始都市の場合)
ルクロ
「レイアの卵の件では、お世話になりました。
 ・・・・・・えっ?
 「マイチョコボ」の訓練方法を教えてくれ、ですって?」
(グリダニア以外が開始都市の場合)
ルクロ
「こんにちは、冒険者さん。
 ・・・・・・えっ?
 「マイチョコボ」の訓練方法を教えてくれ、ですって?」
ルクロ
「その微妙に漂うチョコボ臭さ・・・・・・
 さぞや「マイチョコボ」を愛しておられるのでしょうね。
 そんなあなたになら、喜んで教えて差し上げますよ。
 ちょっとしたチョコボへの接し方さえ覚えれば、
 「マイチョコボ」と一緒に戦うことができるのですから。
 まずは、そこの畑からギサールの野菜を採ってきてください。」
ルクロに新鮮なギサールの野菜を渡す
ルクロ
「・・・・・・冒険者さん、「新鮮なギサールの野菜」は採れましたか?」
(新鮮なギサールの野菜を渡す)
ルクロ
「ありがとうございます。
 「ギサールの野菜」は、言わずと知れたチョコボの大好物。
 いわばチョコボたちの元気の源です。
 この「ギサールの野菜」を使うことで、「マイチョコボ」を、
 あなたの相棒「バディ」として呼び出すことができます。
 そして、いくつかのサインを使ってバディに指示を出し、
 共に戦うことができるのです。
 これぞイシュガルド伝統の「フォルタン流チョコボ戦闘術」!
 さあ、物は試し。
 私が教えたように「ギサールの野菜」を使って、
 バディを呼び出してごらんなさい。
 そして・・・・・・最初の訓練として「スカンポの安息所」にいる
 「ブルード・ジズ」を3体ほど倒すのです。
 もちろん、あなたのバディと一緒にね。
 あぁ、それから、最後にひとつ。
 「ギサールの野菜」は、常に多めに持っておくといいでしょう。
 牧場内のよろず屋さんでも、購入することができますから。」
ルクロに報告
ルクロ
「お帰りなさい。
 どうやら、無事に訓練を終えられたようですね。
 いかがでしたか、バディチョコボとの初めての戦いは?
 すでに体験されたかと思いますが、
 バディのサポートは、とても心強いものです。
 弱点を補わせるも良し、長所を伸ばすも良し。
 バディとなったチョコボには、無限の可能性があるのです。
 あなたとバディだけの戦い方を見つけてくださいね。」