エオルゼアの珍味を求めて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エオルゼアの珍味を求めて

  • 依頼主 :ヴェイスケート(東ラノシア X32-Y30)
  • 受注条件:レベル30~
  • 概要  :コスタ・デル・ソルのヴェイスケートは、冒険者にゲゲルジュからの依頼を説明したいようだ。

ヴェイスケート
「さっそく、依頼の内容を伝えよう。
 ・・・・・・近々、このコスタ・デル・ソルに要人が訪れる。
 ゲゲルジュの旦那は、その人物の歓待のために、
 「特別な晩餐」を用意しようとしているんだ。
 特別な晩餐・・・・・・それを調理するためには、
 「エオルゼア三大珍味」と呼ばれている食材が必要だ。
 お前にはエオルゼアを巡り、その「珍味」を集めてもらう。
 珍味の入手方法は、各地にいる俺の元部下たちが知っている。
 まずは「キャンプ・トランキル」にいる俺の元部下、
 「ランドゥネル」に話を聞け。
 お前はエオルゼアを股にかける冒険者、
 しかも蛮神を退治しようという命知らずだ。
 ・・・・・・この程度、俺より早く確実にこなせるはずだよな。
 もちろん・・・・・・
 今さら、できないとは言わせないぜ? 」
キャンプ・トランキルのランドゥネルと話す
ランドゥネル
「どうしました、冒険者の方。
 我々、鬼哭隊に何かご用ですか?
 ・・・・・・なるほど、貴方が副団長の言っていた、
 「エオルゼア三大珍味」を集めようという冒険者ですね。
 連絡は受けていますよ。
 そうですね・・・・・・。
 この付近で採れる、三大珍味といったら、
 「アダマンタスの大卵」でしょう。
 これを持つのは、凶暴凶悪な巨大アダマンタス。
 多くの冒険者達が挑み、殺されてきた魔物です。
 それでも、ぶっ込む度胸があるというのでしたら・・・・・・。
 ・・・・・・ククク・・・・・・クククククク・・・・・・!!
 てめェの手伝いをしようじゃねェか!!」