怨念の権化

怨念の権化

  • 依頼主 :アルカ・ゾルカ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:学者レベル40~

アルカ・ゾルカ
「やあやあ、Nikuq君!
 いつもながら、キミはいいところに現れてくれるね。
 実は僕、石版にあった「海兵の戦技」を体得できたんだ!
 伝説の「ニーム海兵団」では、
 海兵と学者が協力していたって話は、もうしたよね?
 海兵の戦技を復活させたい僕としては、
 ぜひとも、現代に甦った学者であるキミと共闘して、
 体得した技を試してみたいんだよ。
 ちょうどいい話があってね。
 ニーム時代の遺跡が数多く残るブロンズレイクに、
 「トンベリ」が現われたらしい。
 「トンベリ」っていうのは、ニーム時代の神殿遺跡・・・・・・
 「ワンダラーパレス」に棲みついている不快な怪物さ。
 普段は遺跡から出てこないんだが、
 最近1匹のトンベリが、ブロンズレイクを徘徊してるらしい。
 その討伐依頼が、斧術士ギルドに回ってきてるのさ。
 ニームに由来する場所で怪物退治・・・・・・。
 フェアリーの記憶を刺激するのにも、うってつけだろう?
 トンベリが目撃されたのは、
 高地ラノシアの「ブロンズレイク」中央部だ。
 現地に祭壇があるから、その前で待ち合わせよう!」
ワンダラーパレスのアルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「Nikuq君、
 待たせてしまったみたいだね。
 「トンベリ」が目撃されたのは、このあたりだ。
 まだ周囲に潜んでいるかもしれないから、慎重に行こう。
 いたぞ!
 あいつが噂の怪物だ!」
謎めいたトンベリ
「オオオオォォォォ・・・・・・!
 我が輝き・・・・・・失われた輝き・・・・・・
 ついに見つけたぞォォォ・・・・・・!
 我が怨みを受けよォォォ!」
アルカ・ゾルカ
「く、来るぞッ!」
先駆のアルカ・ゾルカ
「僕が前に出るから、支援を頼むッ!
 なんだコイツら?
 あいつが呼び出したとでもいうのか!?」
アルカ・ゾルカ
「これでトドメだァ!
 危ないじゃないかッ!
 邪魔だ、そこをどけッ!」
謎めいたトンベリ
「オオォォォォ・・・・・・。」
アルカ・ゾルカ
「なんだってんだよ!」
アルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「キミのフェアリーは、躾けがなってないよ!
 おかげで、トンベリを逃がしてしまったじゃないか!
 ・・・・・・まぁ、軍学魔法とフェアリーについては、
 まだまだ未知数の部分が多いから、仕方がないけどさ。
 とにかく、今回の討伐は失敗だよ。
 トンベリは完全に見失ってしまったし・・・・・・
 今日のところは「斧術士ギルド」に引きあげるとしようか。」
斧術士ギルドのアルカ・ゾルカに報告
アルカ・ゾルカ
「やあ、Nikuq君。
 さっきは怒鳴ったりして悪かったね。
 僕も少し、興奮しすぎていたようだ・・・・・・。
 トンベリ討伐は失敗してしまったけど、
 僕の「海兵の戦技」と、キミの軍学魔法の連携が、
 実戦でも有効だってことを証明することはできた。
 見たところ、キミのフェアリーも、
 記憶を刺激されているようだし、収穫はあったわけだ。
 僕は、さらなる調査を続けるとするよ。
 また進展があったときは、協力してくれよな。
 ・・・・・・それと、フェアリーの躾けを忘れないでくれよ。」