白百合は謡う


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白百合は謡う

  • 依頼主 :エーセルメール牙曹長(黒衣森:北部森林 X19-Y25)
  • 受注条件:レベル28~
  • 概要  :フォールゴウドのエーセルメール牙曹長は、冒険者にボタンを預けたいようだ。

エーセルメール牙曹長
「死体がつけていた「白百合紋のボタン」をお前に預ける。
 この怪事件を追っていけば、お前が探している、
 「仮面の男」に近づくことができるかもしれん。
 人探しのためとはいえ、
 お前は近隣の魔物討伐にも一役買ってくれたからな。
 事件の大事な証拠品だが、今回は特別だ。
 ・・・・・・そうだな、まずはこのボタンを持って
 グリダニアの冒険者ギルドで聞きこみをしてはどうだ。
 冒険者ならではの情報網もあるだろう?」
カーラインカフェのミューヌに白百合紋のボタンを見せる
ミューヌ
「おや、Niuniuじゃないか!
 僕のハーブティーを飲みに来た・・・・・・って様子じゃないね。
 どうかしたのかい?」
(白百合紋のボタンを渡す)
ミューヌ
「綺麗なボタンだね。
 かなり上等なものに見えるけれど・・・・・・
 彫られているのは、白百合か。
 残念だけど、心当たりがないな。
 エーテライト・プラザを警備している「ベルナデット」なら
 同じものをつけた人を見ているかもしれないね。」
ベルナデットに白百合紋のボタンを見せる
ベルナデット
「ボタンの持ち主を探している?
 ここを行き来する冒険者なら、大抵は覚えているけれど。
 ・・・・・・どんなボタンなのかしら?」
(白百合紋のボタンを渡す)
ベルナデット
「飾りボタンみたいね・・・・・・
 残念だけど、心当たりはないわね。
 それに、白百合はグリダニア市民が好む意匠よ。
 グリダニア市民のことなら、
 旧市街を担当している「セイングレド」の方が詳しいわ。
 鬼哭隊屯所の前にいるはずだから、聞いてみたら?」
セイングレドに白百合紋のボタンを見せる
セイングレド
「ベルナデットが私を頼れと?
 はぁ・・・・・・どんな用件なんだ。
 私は彼女ほど、無駄に記憶力がいいわけじゃないぞ。」
(白百合紋のボタンを渡す)
セイングレド
「これほど贅(ぜい)を凝らした装飾品は、
 グリダニアの一般市民には縁遠いものだ。
 つけるとすれば「名士区」の・・・・・・
 待てよ、そういえば名士区の入り口に、
 これとよく似たボタンをつけた男がいたな。
 場所はわかるか? 橋の先の三叉路を北だ。」
ウルサンデルに白百合紋のボタンを見せる
ウルサンデル
「貴方様は・・・・・・?
 わたくしに、何かご用でしょうか。」
(白百合紋のボタンを渡す)
ウルサンデル
「ああ・・・・・・ああ・・・・・・!
 見間違うはずもございません!
 気高き白百合の意匠は「ダルタンクール家」が掲げる印!
 貴方様は、これをどちらで?
 ・・・・・・無残な死体から?
 ああ、その答えだけは、聞きたくありませんでした!
 もはや、知らぬふりはできますまい・・・・・・。
 哀れな娘たちの死の真相と、ダルタンクール家の・・・・・・
 アマンディヌお嬢様の悲劇について、お話しましょう。」
  白百合紋のボタン:白百合の紋が刻まれたボタン