疾風迅雷の如く

疾風迅雷の如く

  • 依頼主 :ハモン(ウルダハ:ナル回廊 X9-Y10)
  • 受注条件:格闘士レベル10~
  • 概要  :格闘士ギルドのハモンは、連続攻撃の基礎、その弐を教えたいようだ。

ハモン
「フォッフォッフォ、いい目つきになってきたぞい。
 ワシのような拳聖になりたくて、頑張っとるようじゃのう!
 基礎その壱では、拳の「硬さ」を鍛えたが、
 基礎その弐では、拳の「数」を鍛えてゆくぞ!
 修行用の「木人」を、外に5体立ててある!
 そいつらにズババーンと「連撃」を叩き込んでこーい!」
木人を連撃で攻撃する
ハモンに報告
ハモン
「木人共を倒してきたなら、さあ基礎の仕上げといこうぞ!
 仕上げはとうとう「連続攻撃」が課題じゃ。
 今まで学んだことを、全て叩き込んでくるのじゃ!
 連続攻撃には決まった「型」の流れがあるぞい。
 「連撃」から「正拳突き」、そして「崩拳」を決める!
 この基本の型の流れを、まずは試すといいじゃろう。
 流れに乗った時、お主は「疾風迅雷」の境地に至り、
 より素早く、多くの攻撃を繋げることができるのじゃ。
 疾風迅雷の境地で、連続攻撃を無限と繋ぐこと・・・・・・
 それこそ「無限の連続攻撃」が目指すところじゃ!
 試練の相手は「ネズミの巣」にいる
 「キキルン・シェルスウィーパー」がよかろう。
 「崩拳」を3回打ち込んできたら、試練は合格じゃっ!」
ハモン
「「ネズミの巣」にいる「キキルン・シェルスウィーパー」に、
 コンボの決め技「崩拳」3回打ち込んでくるのじゃ!」
キキルン・シェルスウィーパーに崩拳を打ち込む
ハモンに報告
ハモン
「ひょーっ! Nikuqは飲み込みがいいのう!
 もう「疾風迅雷」の境地を体得したとは、素晴らしい!!
 ま、まぁワシも「疾風迅雷」は大得意なんじゃよ?
 今ここで見せてやりたいところじゃが・・・・・・」
チュチュト
「「技の爆風でギルドが倒壊してしまうからのう・・・・・・。
  残念ながら、見せてやることはできないのじゃぁ。」
 ・・・・・・でしょ?
 師匠ったらそう言って、私たちに技を見せてくれないの。
 だから、師匠の強さは「伝説」の中でしか聞けないのよ。
 斧を持った大男すら、流れるような技で沈めた・・・・・・とかね。」
ハモン
「フォッフォッフォ、懐かしい話じゃのう。」
チュチュト
「それにしてもNikuqの成長を見てると、焦るなぁ。
 私も・・・・・・負けないように、頑張ってたくさん修行しなきゃ。」
ハモン
「・・・・・・実はのう、チュチュトは少し、伸び悩んでおる。
 きっかけは、彼女と格闘士ギルドに入門したワシの元弟子、
 「ルルクタ」の失踪が原因じゃろうなぁ・・・・・・。
 二人とも流民の生まれじゃった。
 路上で死にかけていた二人をワシが見つけ、
 格闘士ギルドの一番弟子として育ててのう・・・・・・。
 当時は二人が互いに切磋琢磨し、
 いいライバル関係を築けていたのじゃが・・・・・・。
 ・・・・・・爺のひとりごとだ、気にするでない。
 お主はこれからも、鍛錬に励むのじゃよ!」