若き血の暴走


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

若き血の暴走

  • 依頼主 :グンドバルド(南ザナラーン X16-Y14)
  • 受注条件:レベル27~
  • 概要  :リトルアラミゴのグンドバルドは、冒険者に話があるようだ。

グンドバルド
「ウィルレッドは、帝国を倒すと言っていたそうだが・・・・・・
 いったい、何を仕掛けるつもりだ・・・・・・?」
ベルトリアナ
「グンドバルド、さま・・・・・・・・・・・・。」
グンドバルド
「ベルトリアナ・・・・・・!?
 その様子はどうしたことだ。
 三日も戻らず、今までどこへ・・・・・・?」
ベルトリアナ
「町を出て、食べるものを探していたの・・・・・・。
 そしたら突然、骸旅団に襲われて、
 彼らの隠れ家で・・・・・・ううっ・・・・・・。
 彼らは私を笑ったわ。
 誇りなんか持つから、惨めな思いをするのだと。
 骸旅団は、帝国に下る意思さえあると・・・・・・。
 みんなと故郷で暮らすことを願うのは・・・・・・
 アラミゴの民を名乗るのは・・・・・・もう、間違いなのですか?」
グンドバルド
「なんということだ・・・・・・。
 ひとまず火のそばで休みなさい、ベルトリアナ。
 その話を、ほかの誰かにしたか?」
ベルトリアナ
「はい、入り口でウィルレッドに。
 そうしたら彼、ものすごい形相でどこかへ・・・・・・。」
グンドバルド
「この子を預けて、仲間たちと話をしてくる。
 お前は町の中を見回って、若い衆の様子を見てくれ。
 ・・・・・・手間をかけてすまない。」
ベルトリアナ
「私なら大丈夫・・・・・・。
 みんなといると、すごく安心できるんです。
 外の人から見たら、愚かな絆かもしれないけれど・・・・・・。」
若者の動向を調べる
怒りに震える少女
「ベルトリアナ・・・・・・かわいそうに・・・・・・。
 あんな畜生どもにまで見下されるなんて、
 こんなみじめな生活、もう耐えられない!
 私はウィルレッドの作戦にのるわ。
 相手を聞いて、怖気づいた子もいるけど・・・・・・馬鹿ね。
 戦わなきゃ、どのみち生きてる意味なんてないのに!」
勢いづいた若者
「この作戦が成功したら、すげぇ力が手に入る。
 そしたら帝国をブチのめして、世界を見返してやるんだ!
 フヌケたジジイの手先に、教えることなんかねぇ。
 さあ俺も・・・・・・って、見取り図はどこにやったっけ・・・・・・。」
ウィルレッド
「壊神ラールガー・・・・・・アラミゴの神よ・・・・・・
 オレたちに力を貸してくれ・・・・・・。
 止めるつもりなら遅かったな。
 ほとんどの仲間は、もうここを出たぞ。
 あとは、アイツに言われたとおりにするだけだ。
 クリスタルさえ持ち帰れば、
 もう誰も、オレたちを虐げられない・・・・・・!」
グンドバルドに証拠品を渡す
グンドバルド
「彼らの様子はどうだ。
 先ほどから姿が見えない者がいるが、もしや・・・・・・。」
(古ぼけたナイフとザンラクの地図を渡す)
グンドバルド
「狩りに使う短剣、それにザンラク・・・・・・
 アマルジャ族の砦の、詳細な見取り図だ。
 まさか、ここからクリスタルを持ち帰ると?
 無謀だ、たどり着く前に殺される。
 クリスタルを求める理由は定かでないが、
 アマルジャ族がどれほど危険か、わかっていない・・・・・・!
 冒険者よ、もう一度だけ力を貸してくれ。
 地図によると目的地は東、今から追えば、あるいは・・・・・・!」
ウィルレッドと話す
グンドバルド
「・・・・・・ウィルレッド。
 生きているのは、これだけか?」
ウィルレッド
「違う・・・・・・違うんだ・・・・・・こんなはずじゃない・・・・・・。
 オレたちはクリスタルを手に入れて・・・・・・帝国を・・・・・・。」
グンドバルド
「ウィルレッド!!」
ウィルレッド
「ち、力がほしいなら、クリスタルと祈りを捧げて、
 「壊神ラールガー」を呼び降ろせと言われたんだ・・・・・・!
 だからアマルジャ族の砦に忍び込んで、
 奴らが蓄えてるクリスタルを盗もうとした・・・・・・。
 でも、すぐに見つかって・・・・・・!」
猛々しいアマルジャ族
「逃がさぬぞ、厚顔無恥なる人の子よ!
 我らが御神に捧ぐ、聖なる供物を狙いし罪・・・・・・
 その魂をもって償わせん!」
グンドバルド
「若い衆の粗相は謝罪しよう。
 だが、魂を差し出せというのは、できない相談だ・・・・・・。
 今は未熟でも、彼らは国なき我らの希望。
 未来のために足掻くならば、その責任を共に負おう!」
ウィルレッドを護ってアマルジャ族を倒せ!
刹那のウィルレッド
「グンドバルドさん・・・・・・
 オレたちは、ただ力が欲しかったんだ!」
不屈のグンドバルド
「弁解は後だ。今は、生きることだけ考えろ・・・・・・!」
熱牙のヘモズ・テー
「油断大敵・・・・・・! 罪人め、ここで討ち滅ぼさん!」
不屈のグンドバルド
「若き同胞の命、対価にしては余りある・・・・・・。
 これ以上は、くれてやるものか!
 冒険者よ、ウィルレッドを護ってやってくれ!」
熱牙のヘモズ・テー
「形勢不利、かくなる上は・・・・・・
 出あえ、御神の聖火に焼かれし者よ!」
不屈のグンドバルド
「もう少しだ・・・・・・押し切るぞッ・・・・・・!」
(失敗時)
ウィルレッドの手下
「ちくしょう・・・・・・ちくしょうッ・・・・・・!!」
ウィルレッドの手下
「嫌だ、生きていたいよ・・・・・・。」
刹那のウィルレッド
「くそッ! やっぱり、未来なんて・・・・・・。」
不屈のグンドバルド
「私は・・・・・・また失うのか・・・・・・。」
グンドバルド
「これほど腕が立つとはな・・・・・・。
 うちの若い衆など、歯が立たないはずだ。
 ひとまず、リトルアラミゴへ戻ろう。
 追っ手が来ないとも限らない・・・・・・ここは危険だ。」
ウィルレッド
「ま、待ってくれ!
 クリスタルを持って帰らないと・・・・・・
 二人と一緒なら、きっとやれる!」
グンドバルド
「お前も、アマルジャ族に連れられてきた
 「焼かれし者」・・・・・・テンパードを見ただろう。
 ウルダハの「不滅隊」からは隠せと言われているが、
 あれこそ、神に触れた者の末路だという・・・・・・。
 お前の望みは・・・・・・ああなることか?」
ウィルレッド
「う、嘘だろ!?
 「仮面の男」は、そんなこと言ってなかった!
 帝国を倒したければ、神を呼び降ろせって・・・・・・!」
グンドバルド
「その話は、戻ってから聞かせてもらう。
 冒険者も交えて、じっくりな・・・・・・。」
グンドバルドと話す
グンドバルド
「もう隠し事はなしだ、ウィルレッド。
 お前に計画を与えたのは「仮面の男」だったのだな・・・・・・?」
ウィルレッド
「・・・・・・ああ、そうだよ。
 仲間と話しているところに、アイツが現れたんだ。
 力を欲する者に、知恵を与えると言っていた。
 でも、それきりだ。
 煙のように消えたから、どこへ行ったのかも知らない。
 結局、騙されただけさ・・・・・・。
 今度こそ変えられるなんて、どうして信じたんだろうな。
 アラミゴ人は、惨めに死んでいくしかないのに・・・・・・。」
グンドバルド
「ウィルレッド。
 我々の故郷はアラミゴだが、それがお前のすべてではない。
 どう生きるかは、お前次第だ。
 何を求めるにしても、困難な道になるだろう。
 だが、お前の命が、異郷の冒険者に救われたこと・・・・・・
 忘れずにいるといい。」
ウィルレッド
「・・・・・・・・・・・・少し、考えてみるよ。
 すまなかったな。
 あと・・・・・・ありがとう。」
グンドバルド
「私からも礼を言おう・・・・・・。
 お前のような御仁がいることが、明日を生きる希望となる。
 本当に、世話になったな。」
  古ぼけたナイフ:使いこまれた古い狩猟用ナイフ
  ザンラクの地図:アマルジャ軍の砦の様子が子細に記された地図