リトルアラミゴ再び

リトルアラミゴ再び

  • 依頼主 :メッフリッド(黒衣森:南部森林 X25-Y20)
  • 受注条件:レベル27~
  • 概要  :クォーリーミルのメッフリッドは、冒険者の「仮面の男」捜索に協力するようだ。

メッフリッド
「お前には、何から何まで世話になったな。
 俺たちは故国で活動を続けてきた「アラミゴ解放軍」だ。
 何の因果か、こんな辺鄙な森に流れついちまったがな。
 アルブレダから聞いたんだが、
 俺たち解放軍を探してたそうじゃないか。
 なんでも、アラミゴ人に協力者がほしいんだって?
 いいだろう、世話になった礼も兼ねて紹介状を書こう。
 「リトルアラミゴ」の「グンドバルド」という男に、
 渡すといいぜ。
 俺がまだ駆け出しの新兵だったころの元上官だ。
 リトルアラミゴの内情を探るにあたって、
 いろいろと便宜を図ってくれるだろうぜ。」
リトルアラミゴのグンドバルドにグンドバルド宛の手紙を渡す
グンドバルド
「お前か・・・・・・懲りないな。
 リトルアラミゴは、よそ者を必要としていない。
 早々に立ち去るがいい・・・・・・。」
(グンドバルド宛の手紙を渡す)
グンドバルド
「メッフリッド・・・・・・懐かしい名だ・・・・・・。
 戦火の中で別れてからずいぶん経つが、
 その名は故郷の歌や酒と共に、心の臓に刻まれている。
 奴の信じたものならば、私も信じよう。
 お前の探していた「仮面の男」に心当たりがある・・・・・・。
 同胞たちの不利益にならないかぎり、答えよう。」
  グンドバルド宛の手紙:メッフリッドが書いた紹介状