ウルダハ操車庫へ

ウルダハ操車庫へ

  • 依頼主 :モモディ(ウルダハ:ナル回廊 X11-Y9)
  • 受注条件:レベル4~
  • 概要  :クイックサンドのモモディは、ウルダハ操車庫のある人物に冒険者を紹介したいようだ。

モモディ
「どう? ウルダハの街には慣れた?
 いろいろな場所を回って、土地勘は掴めたかしら。
 慣れたのなら、そろそろ街の外に出てみてはどう?
 都市内とは比べ物にならないくらい
 ザナラーンは広く、様々な冒険があなたを待ってるわ。
 「ウルダハ操車庫」に「パパシャン」さんっていう
 古い知り合いがいるの。
 彼ならきっと、初心者に手ごろな仕事をくれると思うわ。
 「ウルダハ操車庫」は、中央ザナラーンにあるわ。
 このクイックサンドから、すぐ目の前にある
 「ナル大門」を通って郊外に出て、東に行けばすぐよ。
 外には危険がいっぱいよ。
 それほど強くはないけど、襲ってくる魔物もいるわ。
 装備を整えていってらっしゃい。」
ウルダハ操車庫のパパシャンと話す
パパシャン
「モモディ殿の紹介で、
 私から仕事をもらいに来たですと?
 いかにも、私がパパシャン。
 この「ウルダハ操車庫」の所長をしておる者です。
 なに、所長といっても名ばかりの名誉職。
 老後の余生をノンビリと過ごしておるだけですわい。
 ・・・・・・5年前の「第七霊災」を境に、
 このあたりも、ずいぶん様変わりしましてな。
 霊災によって被害を被った故郷を復興するため、
 民という民が力の限り、力を合わせて働いた。
 その結果が、今あるウルダハの立派な威容なのです。
 この立派な線路も、そのひとつ。
 民の必死の努力が結実したものですな。
 ・・・・・・しかし「第七霊災」の傷は癒えきってはおりませぬ。
 手の行き届かぬ場所、手を入れねばならぬ場所は、
 まだまだ、たくさんあるのです。
 Nikuq Niuniu殿。
 冒険者たるあなたには、その手助けをして頂きたい。
 とはいえ・・・・・・
 はて、急ぎの仕事などありましたかの。」