異邦の絆

異邦の絆

  • 依頼主 :メッフリッド(黒衣森:南部森林 X25-Y20)
  • 受注条件:レベル27~
  • 概要  :クォーリーミルのメッフリッドは、冒険者に火急の仕事を頼みたいようだ。

メッフリッド
「おい、お前ッ!
 俺の部下を、ガリエンを見なかったか!?
 いつの間にか、いなくなっちまってたんだ!
 ガリエンは部下の中でも、とりわけ傷が重かった奴だ。
 早く薬を飲ませねェと死んじまう・・・・・・ッ!
 クソ、やっと薬が手に入ったってのに!
 そうだ、「アルブレダ」なら何か知ってるかもしれねェ。
 頼む、彼女のところに行って、話を聞いてきてくれ!」
アルブレダと話す
アルブレダ
「話は聞いているよ。
 メッフリッドの部下が失踪したらしいじゃないか。
 ・・・・・・実はしばらく前に、こんな手紙を託されてねえ。
 「俺一人のために、皆に迷惑はかけられない。
  だから俺は部隊を抜けさせてもらいます。
  心配しないでリトルアラミゴに出発してください。」
 そう、お探しの男の手紙だよ。
 あの野郎、部隊のために自らを犠牲にするとはね。
 義理と人情に生きる、アラミゴ人の鑑のような男だよ。
 ・・・・・・しかし。
 傷付いた体で森を抜けようとするとは無謀すぎるね・・・・・・。」
メッフリッドと話す
メッフリッド
「・・・・・・そんなッ!?
 まさか、ひとりで背負い込んで森を抜けようってのか!
 ガリエン・・・・・・バカ野郎ッ、無茶な真似しやがって!
 俺たちは、これから手わけしてあいつを探す!
 頼む、お前もあいつの捜索に協力してくれ!」
ガリエンを探す
ガリエン
「はぁはぁ、チクショウ・・・・・・。
 て、敵だ! 気をつけろっ!」
ガリエンと話す
メッフリッド
「ガリエンッ!」
ガリエン
「た、隊長・・・・・・すんません・・・・・・。
 俺のことは構わず、リトルアラミゴに行ってください・・・・・・。」
メッフリッド
「バカ野郎! 部下を切り捨てて何の隊長かッ!
 アラミゴ人は、決して仲間を見捨てたりしない。
 どんなに孤立しても、どんな逆境だろうとな!
 俺たちは、共に祖国の復興を誓う「同志」なんだよ!
 俺は貴様を絶対に死なせたりさせねェ!
 ともに両の足でアラミゴの土を踏むまではなッ!」
ガリエン
「メッフリッド隊長・・・・・・。」
メッフリッド
「さっさと帰るぞ、バカ野郎。
 キツい刑罰を覚悟しろよ・・・・・・傷が癒えたらな!
 ・・・・・・礼を言うぜ。
 ガリエンが助かったのは、お前のおかげだ。
 俺たちは「クォーリーミル」に戻る、あとで会おう。」
メッフリッドと話す
メッフリッド
「ガリエンの傷は大事に至らなかったよ。
 俺たちは当分、この村に居座ることになりそうだ。
 ・・・・・・居心地の悪い場所だけどな。」