そこに故郷の形見はあるか


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そこに故郷の形見はあるか

  • 依頼主 :ギシルベールト(南ザナラーン X17-Y13)
  • 受注条件:レベル25~
  • 概要  :不滅隊のギシルベールト少闘佐は、仮面の男を探している冒険者に助言があるらしい。

ギシルベールト
「やはり調査を続けるのか・・・・・・。
 ならば、私にできる助言はひとつだけだ。
 アラミゴ人には、金よりも故郷の土が効く。
 この地のアラミゴ人たちの協力を得たければ、
 彼らとの間を仲介してくれるアラミゴ人を探せ。
 無論、ここの奴らは話にならん。
 ほかの場所にいる・・・・・・そうだな。
 グンドバルドと同じ「アラミゴ解放軍」の奴がいいだろう。
 知人にアラミゴ人はいるか?
 誰か仲間がいるなら、ツテがないか相談してみるといい。」
砂の家のミンフィリアに報告
ミンフィリア
「おかえりなさい!
 「仮面の男」について、何かわかったかしら?
 ・・・・・・なるほど、調査が行き詰まっているのね。
 アラミゴの人たちが他民族を拒絶しているのは、
 悲しいことだけど納得できるわ。
 20年ほど前、アラミゴは「ガレマール帝国」の侵略を受け、
 以来ずっと帝国の属州として占領されている・・・・・・。
 流民たちは、そんな場所から決死の覚悟で逃れてきた。
 だけど、どこの国にも流民全てを受け入れる余裕はない。
 苦しい生活、偏見、差別・・・・・・彼らの痛みは強くなる一方よ。
 それを知ることが、互いの理解に繋がると信じたいけど。
 「心の壁」か・・・・・・。
 「暁の血盟」にもアラミゴ出身の仲間がいるの。
 彼なら「アラミゴ解放軍」を知っているかもしれないわ。
 あなたに紹介するわね!」