サボテンダーは希望の雫

サボテンダーは希望の雫

  • 依頼主 :ヒヒラ(南ザナラーン X17-Y14)
  • 受注条件:レベル25~

ヒヒラ
「考えてみたのですが・・・・・・
 みなさんがこの薬を受け取ってくださらないのは、
 この薬自体が原因なのではないでしょうか・・・・・・。
 私がよそ者ということもあるでしょうが、
 この地のみなさんが憎むウルダハで作られた薬ということも
 関係しているような気がするのです。
 ・・・・・・そうだ、何か良いお知恵がないか、
 「アルファン」さんに相談してきてくださいませんか?
 彼は、私の薬をただひとり飲んでくれた人なのです。」
アルファンと話す
アルファン
「ワシがアルファンじゃが・・・・・・。
 冒険者が、リトルアラミゴに何の用かね。
 ・・・・・・ヒヒラがそんなことを?
 あの娘の目には嘘がない。澄んだいい目をしておる。
 ウルダハにも、あのように心の優しい者がおるのに、
 この地の者にそれを感じることは難しいじゃろう・・・・・・。
 己の富と権力のため、徹底的に弱者から搾取する。
 ワシらアラミゴ人は、そんなウルダハ人ばかりを
 見てきたのじゃからな。
 ・・・・・・おっと、薬の話じゃったな。
 熱冷ましなら「サボテンの実」を
 煎じるのがよかろうて。
 アラミゴには、さまざまな物を煎じて薬茶を作る文化がある。
 あれなら皆も納得して受け取ってくれるじゃろう。」
ヒヒラにサボテンの実を渡す
ヒヒラ
「「サボテンの実」を煎じることで
 熱冷ましの薬茶になるなんて知りませんでした。
 アルファンさんに感謝しなくてはいけませんね。」
(サボテンの実を渡す)
ヒヒラ
「さぁ、薬茶ができました。
 もう一度、配るのを手伝っていただけませんか?
 この薬なら、きっと受け取ってくれるはず・・・・・・。」
病気のアラミゴ人にサボテンの薬茶を渡す
ベロルド
「んだよ・・・・・・しつけぇぞ・・・・・・
 ウルダハの薬なんざ、飲めっかよ・・・・・・」
(サボテンの薬茶を渡す)
ベロルド
「これは・・・・・・アラミゴ風の薬茶じゃねぇか?
 ・・・・・・あの子がこれを?
 礼を言わなくちゃな・・・・・・。」
オテリン
「・・・・・・さっきも言ったろ?
 錬金術の薬だのなんだの、うさん臭いんだよ。」
(サボテンの薬茶を渡す)
オテリン
「なんでウルダハ人がこの薬茶を・・・・・・。
 ・・・・・・あの子に言っておいてくれないか。
 ありがとうってな。」
アルケヴィウス
「よそ者に何を言われたところで
 ウルダハ人の力なぞ、借りるつもりはない。」
(サボテンの薬茶を渡す)
アルケヴィウス
「・・・・・・よそ者が味なまねを。
 あの娘に知恵を授けたのはアルファン殿であろう?
 彼に敬意を払って、薬茶は受け取ってやる。」
ヒヒラに報告
ヒヒラ
「みなさん、受け取ってくださったんですね!
 良かった! 本当に良かったです!」