よそ者たちの奮闘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よそ者たちの奮闘

  • 依頼主 :ギシルベールト(南ザナラーン X17-Y13)
  • 受注条件:レベル25~
  • 概要  :不滅隊のギシルベールト少闘佐は、仮面の男を探している冒険者に頼みごとをしたいらしい。

ギシルベールト
「私はギシルベールト、ここの警備を任されている。
 グンドバルドと話していたようだが、問題でもあったのか?
 ・・・・・・ふむ、怪しい「仮面の男」を追っていると。
 よりにもよって、このリトルアラミゴで人探しとは
 ずいぶん難儀な話だな。
 ここのアラミゴ人たちは、同胞以外に寄りつかない。
 俺たち「不滅隊」だって、食糧援助の契約がなきゃ、
 寝ている間に荒野へポイさ。
 外様のよしみで協力してやりたいが・・・・・・。
 ふむ、南のキャンプでアマルジャ族を見張っていた部下が、
 その男を見ているかもしれんな。
 ちょうど差し入れにするつもりだった
 「ザナラーン紅茶」がある。
 これを渡せば、話もしやすかろう。」
不滅隊の隊士に「ザナラーン紅茶」を渡す
オシリック一等闘兵
「なんだぁ?
 悪いが、余計なおしゃべりする体力はないぞ。」
(ザナラーン紅茶を渡す)
オシリック一等闘兵
「気が利くじゃないか!
 ・・・・・・なに、怪しい奴を探してるって?
 それならアラミゴ人に紛れこんでるかもな。
 どいつも死人みたいなツラしやがってさ。
 最近、妙にソワソワしてるみたいだしな・・・・・・。
 そろって悪事に手を出してても、俺ぁ驚かないね。」
アングリー・リヴァー上等闘兵
「お前、アマルジャ族じゃないなッ!?
 ならばッ、用はないッ!!」
(ザナラーン紅茶を渡す)
アングリー・リヴァー上等闘兵
「うぉぉぉッ!!
 差し入れだったらッ、大歓迎ッ!
 仮面の男ッ!?
 知らんッ、俺たちが監視を命じられているのは、
 憎き黒光りアマルジャ族だけだッッ!!」
ヤヤズケ二等闘兵
「すみませんが、大事な監視の任務中ですので・・・・・・。」
(ザナラーン紅茶を渡す)
ヤヤズケ二等闘兵
「これはこれは・・・・・・。
 仮面をつけている人なら、巡回中に見ましたよ。
 男かどうかまではわかりませんが。
 アラミゴ人と話していたから、
 顔を隠して逃げてきた流民かと・・・・・・違うんですか?」
ギシルベールト少闘佐に報告
ギシルベールト
「部下たちの話は聞けたか?
 ・・・・・・あまりいい証言は無かったようだな。
 やはり、アラミゴ人の協力が必要か。
 こうなっては、一筋縄ではいかないぞ。
 それでも、その男を追うというなら助言はするが・・・・・・。
 よく考えてみるんだな。」
  ザナラーン紅茶:ザナラーン茶葉で淹れた甘い紅茶