慈愛の小公女

慈愛の小公女

  • 依頼主 :ヒヒラ(南ザナラーン X17-Y14)
  • 受注条件:レベル25~

ヒヒラ
「ここでは多くの方が、病を得ても薬を手に入れられません。
 私はただ、この方たちを助けたい一心で、
 このリトルアラミゴへやってきました。
 しかし・・・・・・皆さんの力になりたいのに
 よそ者として疎まれ、なかなか相手にしてもらえません。
 でも、同じよそ者でも冒険者さんなら、もしかして・・・・・・。
 どうか私に代わって、薬を配ってきていただけませんか?
 ウルダハの錬金術師ギルドで作られた、
 とても良い薬なんです。」
病気のアラミゴ人に新緑のトニックを渡す
ベロルド
「うう・・・・・・痛てェ、痛てェよう・・・・・・。
 楽になりてェ・・・・・・ううう・・・・・・。」
(新緑のトニックを渡す)
ベロルド
「ううう・・・・・・薬だって?
 ど、どうせウルダハで作られたやつだろ。
 ・・・・・・そんなもん飲めるかよ・・・・・・痛てて。」
オテリン
「ゼェゼェ、胸が・・・・・・掻きむしられるみたいだ・・・・・・。
 苦しい・・・・・・苦しい・・・・・・。」
(新緑のトニックを渡す)
オテリン
「・・・・・・ゼェゼェ、ウルダハの錬金術の薬だと?
 そんなうさん臭い薬、飲めるもんかよ・・・・・・。」
アルケヴィウス
「よそ者が、何の用だ・・・・・・?
 アラミゴ人が死ぬ姿を見て・・・・・・笑いに来たか。」
(新緑のトニックを渡す)
アルケヴィウス
「・・・・・・よそ者の施しなど受けん。
 こんなもの飲むくらいなら、死んだほうがマシだ・・・・・・。」
ヒヒラに報告
ヒヒラ
「・・・・・・ああ、やはり駄目でしたか。
 でも、誠意を尽くし続ければ、いつか彼らと通じあえるはず。
 その日が来るまで、私はけっして諦めません!」