橋上の証言

橋上の証言

  • 依頼主 :ヒヒバル(東ザナラーン X20-Y21)
  • 受注条件:レベル24~
  • 概要  :ハイブリッジの商人ヒヒバルは、仮面の男について冒険者に教えたいことがあるようだ。

ヒヒバル
「まったく、参っちまいますよ。
 蛮族どもの襲撃のせいで巡礼者が減りましてねぇ。
 大儲けの予定が、大損こいているんです。
 ナル・ザル教団が遺跡調査に巨費を投じていると聞いて、
 巡礼者が増えると踏んでいたんですが・・・・・・。
 まったく、アテが外れましたわ。
 冒険者さんは、お急ぎの旅ですかい?
 私ら、ハイブリッジの商人を助けると思って・・・・・・
 ・・・・・・え、「仮面の男」の目撃情報?
 なんて、せっかちなお人だい!
 それなら、ご自分でそこらの商人に話を聞いてくださいよ。」
ハイブリッジの商人たちから話を聞く
話し好きの商人
「知ってるよ、あの怪しい仮面の男だろ?
 見かけた程度の話なら、最近はよそでもよく聞くなぁ。
 まあ、見た目が怪しいってだけで、
 どこの誰なのかは知らないけど。
 誰に聞いても、似たようなもんだと思うよ。」
暇そうな商人
「はて、仮面の男ねぇ。
 ・・・・・・そういえば、この間そんな奴の話を聞いたよ。
 フードを被った、いかにも怪しい感じの男だろ?
 だけど、直接見たわけじゃないからなぁ・・・・・・。」
ぼんやりした商人
「仮面を着けてフードを被った怪しい男?
 そんな目立つ奴がいたら大歓迎だね。
 客寄せにちょうどいいってもんさ。
 最近じゃ、キキルン族の襲撃を怖がってか、
 巡礼者もすっかり減っちまったからなぁ・・・・・・。」
ぼんやりした商人
「ハイブリッジが巡礼者で賑わうって噂、
 いったい何だったのかねぇ・・・・・・。」
ヒヒバルに報告
ヒヒバル
「そのぶんじゃ、いい情報はなかったようですねぇ。
 ・・・・・・正直ね、私らもそれどころじゃないんです。
 キキルン族の襲撃が激化して、商売あがったりなんで。
 何者かが奴らを扇動しているんじゃないかって
 噂が立つ程度には、私らも切迫しているんです。
 ええと・・・・・・「仮面の男」でしたっけ?
 もし見かけたら、覚えておくようにしますから。
 それじゃ、悪く思わんでくださいよ。」