刃鳴は響くか

刃鳴は響くか

  • 依頼主 :ヴィルンズーン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:斧術士レベル15~

ヴィルンズーン
「どうやら、しっかりと修行を続けているようだな。
 自信、風格、気配・・・・・・そういうものが、
 お前の今の実力を、語らずとも教えてくれる。
 そこで次の試練だが・・・・・・
 最近、西ラノシアの「エールポート」周辺にて、
 大型の魔物を目撃したという情報が相次いでいる。
 情報を総合するに、クジャタではないようだが、
 危険な存在ゆえ、放置はできん。
 そこで・・・・・・この魔物の討伐を、お前に任せたい。
 幸い、「エールポート」には俺の旧知がいる。
 かつて狩猟の名人として名の知られた弓術士で、
 名を「レインフレッド」という。
 彼に会い、その助力を仰ぐといい。
 そして必ずや魔物を探し出し、討ち果たせ!
 その斧に誓って、役目を果たすがいい。」
エールポートのレインフレッドと話す
レインフレッド
「・・・・・・ほぅ、ヴィルンズーンの弟子じゃと?
 斧術士ギルドのギルドマスターになったと聞いていたが、
 おヌシのような弟子を育てていたとはのう・・・・・・。
 その試練として魔物狩りか・・・・・・。
 ならば、北西にあるキャンプ・スカルバレーを目指せ。
 そこで「指笛」を吹くのじゃ。
 縄張りを荒らされたと思い、おヌシが標的にする魔物・・・・・・
 「パトリパタン」が、巣から出てくるだろうて。
 ・・・・・・おヌシに山神オシュオンの加護があらんことを。」
斧術士ギルドのヴィルンズーンに報告
ヴィルンズーン
「レインフレッドから話は聞いた。
 お前をとても褒めていたぞ、俺も嬉しく思う。
 今の自分にどれほどの力があるのか、
 お前自身がそれを知るため、もうひとつ試練を与えたい。
 修行の詳細は、担当の「サカフギム」に聞くがいい。
 「アジェレス川」のほとりでお前を待っているだろう。
 お前の斧に宿った力を、しかと確かめるのだ!!」
サカフギムと話す
サカフギム
「話は聞いている、Nikuq・・・・・・だな?
 なあに、話は簡単さ、この大岩を砕くだけだ。
 砕けるならば、の話だがね・・・・・・!
 「ブルータルスウィング」を使えば簡単だろうよ。
 あの厳しいギルドマスターが、
 実力のない者に、この試練をさせるはずなどないからな。」
サカフギム
「どうした、自分と話すのは試練ではないぞ?
 さあ、大岩を砕くのだ、「ブルータルスウィング」で!!」
サカフギムと話す
サカフギム
「ひゅう~っ、さすがだな。
 しかと見届けさせてもらった。
 さあ、ギルドマスターの元に戻るがよい。」
斧術士ギルドのヴィルンズーンに報告
ヴィルンズーン
「ふっ・・・・・・はははっ!
 俺のところにまで、お前が大岩を砕く音が聞こえてきたぞ。
 よし、試練を超えたお前に、新たな技を授けよう。
 かつて敵船を襲撃するために海賊たちが編み出し、
 ギルドによって磨かれた投擲の技「トマホーク」だ・・・・・・!
 遠距離からの攻撃で敵を怯ませ、その隙に間合いを詰める。
 この技によって、お前の斧術はさらに幅を広げるだろう。
 クジャタのことは、気にかかろうが・・・・・・
 焦りは斧を滑らせるだけだ。
 地道な努力以上の近道など存在しないのだからな。」