豪傑の試練と務め


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豪傑の試練と務め

  • 依頼主 :ヴィルンズーン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:斧術士レベル5~
  • 概要  :斧術士ギルドマスターのヴィルンズーンは、冒険者に斧術の基礎を学ぶための試練を課そうとしている。

ヴィルンズーン
「ふむ、どうやら順調に斧術の腕を磨いているようだな。
 そろそろ、本格的な修業を始めてもいい頃合いだ。
 では、斧の特徴とは何か?
 それは刃の厚さ、重さを利用した破壊力に他ならない。
 そして圧倒的な筋力が、圧倒的な破壊力を支える!
 ・・・・・・そこで、だ。
 斧術士たちに伝わる、伝統的な修行法をお前に授ける。
 それを果たして見せるのだ、Nikuq。
 修行の内容は、
 階下の稽古場にいる「ブルーンバル」から聞くがいい。」
ブルーンバルと話す
ブルーンバル
「ギルドマスターから話は聞いてるぜ。
 オレがブルーンバルだ、よろしくな。
 これからお前には、斧を使って岩を破壊する
 「岩砕き」という修行を行ってもらう。
 ゼファー陸門を出た先、ローグ川にかかる橋の傍に
 「ロットゲイム」というギルド員が待っている。
 その者に、修行の詳細を聞くといい。」
ロットゲイムと話す
ロットゲイム
「岩砕きの修行を命じられたそうであるな。
 そこに、「硬そうな岩」を3個ほど用意したのである。
 そいつを、「ヘヴィスウィング」で破壊してみるがよい。」
ロットゲイムと話す
ロットゲイム
「なかなか、やるではないか。
 今度は、「スカルサンダー」で砕いてくるがよい。
 終わったら、自分への報告を忘れるでないぞ?」
ロットゲイムと話す
ロットゲイム
「うむ、見事な修業ぶりであった。
 岩を割る音が、今でもこの耳に響いておる。
 「ヴィルンズーン」師へ報告するがよい。」
斧術士ギルドのヴィルンズーンに報告
ヴィルンズーン
「基礎修行はしっかり終わったようだな。
 次はレッドルースター農場からの緊急依頼だ。無差別に人々を襲う、
 「メガロクラブ」を駆逐せよ!
 初仕事ゆえ、今回は手助けしてくれる同行者をつけよう。
 名は「ソルクウィブ」・・・・・・熟練の幻術士だ。
 すでに階下で待っているから、声をかけてこい。」
ソルクウィブと話す
ソルクウィブ
「話は聞いてるよ、アタイがソルクウィブだ。
 ウチのアニキ・・・・・・ヴィルンズーンのところの連中は、
 みんなアタイが面倒見てきたのさ。
 依頼は低地ラノシアのモーニングウィドー近くにある
 「メガロクラブの巣」を調べて、魔物を駆除しろってさ。
 んじゃ、アタイは先に現地に向かってるよォ!」
メガロクラブの巣を調べる
ソルクウィブ
「見てみなよ、巣はもぬけの殻だ。
 どうやらメガロクラブは留守のようだねェ。
 どこへ出かけているのやら・・・・・・?」
ネッダード
「お、お助けぇ~っ!!
 あ、あっちで孫が、メガロクラブに襲われておりますのじゃ!
 あれほど巣に近づいてはならんと、言うたのに・・・・・・!」
ソルクウィブ
「ほら、Nikuq!
 ぼやぼやしてる暇はないよ、
 爺さんの孫を助けに行くんだ、急ぐよォ!!」
シガードを助けに行く
シガード
「ちくしょう、ちくしょうっ!
 バケモノめ、バケモノめぇっ!!
 こっちにくんなぁっ!」
メガロクラブの群れを倒せ
至福のソルクウィブ
「回復魔法でサポートするよォ!
 Nikuq、アタイの側から離れないようにしな!」
破岩のブルーンバル
「お前たち、加勢するぞ!
 心配で、追いかけてきたのは正解だったな!
 へッ、そこそこしぶとい奴もいるようだな!」
シガード
「あ、ありがとう姉ちゃん、助けてくれて。
 オレ、シガードっていうんだ。
 最近魔物が増えて、オレの父ちゃんと母ちゃんも
 前に山のようにでっかい魔物に殺されてさ・・・・・・。
 お願いだよ、姉ちゃん。
 いつか父ちゃんと母ちゃんの仇も討っておくれよ!」
ソルクウィブ
「坊や、アンタの気持ちはよーく分かるよォ。
 このNikuqたち斧術士ギルドの奴らは、
 アンタみたいな力のない人々の味方なんだ。
 だから安心して、朗報を待ってな。
 その代わり、爺ちゃんを心配させちゃダメさ。
 さ、反省したならもうお帰り。
 帰ったか・・・・・・それじゃあNikuq、
 斧術士ギルドに戻って、ウチのアニキ・・・・・・
 「ヴィルンズーン」に報告しておきな。」
斧術士ギルドのヴィルンズーンと話す
ヴィルンズーン
「なんとか無事にメガロクラブを倒したようだな。
 大切なことは、少年の命を救えたことだ。
 あのメガロクラブだが・・・・・・
 どうやら最近、元の生息地を追い出され
 農場の近くに住み着いていたらしい。
 追い出した魔物というのが、ラノシアでも悪名高い大物でな。
 縄張りを広げたのか、最近、各地で暴れまわっているという。
 中には少年の両親のように、殺された者もいるそうだ。
 まったく、気の毒な話だ・・・・・・。
 仇を討ってやりたいと思うかもしれぬが、逸るなよ。
 今戦ったところで、到底叶う相手ではない。
 少年の願い、叶えたくば強くなるのだ、Nikuq。」