コリブリは誰のもの

コリブリは誰のもの

  • 依頼主 :ゲゲルジュ(東ザナラーン X33-Y30)
  • 受注条件:レベル33~
  • 概要  :コスタ・デル・ソルのゲゲルジュは、コリブリが気になっているようだ。

ゲゲルジュ
「コスタ・デル・ソルの周囲におるコリブリはのう、
 もとは、ワシが飼っておったコリブリなのじゃ。
 ワシのもとから逃げだして、今は野良になっておるがのう。
 じゃが、逃げだしたとはいえ、
 ワシの領地にいるってことは、ワシのコリブリじゃろう?
 それなのに、勝手に狩っていく不届き者がおるのじゃよ。
 奴らは、コスタ・デル・ソルのギリギリ外側で、
 コリブリを餌付けしては、狩っていってるようでのう。
 ・・・・・・だれか、話をつけてくれんかのう~?
 そうじゃのう~、話し合いが成立しないようじゃったら、
 この「オシュオンローゼルの花束」を使って、
 コリブリを呼び戻せばよいかのう~。」
荒々しい密猟者と話す
荒々しい密猟者
「ふん、ここは「ブラッドショア」だ!
 ゲゲルジュの領地「コスタ・デル・ソル」じゃねぇ!
 ブラッドショアで我々が何をしようと、
 ゲゲルジュの野郎に、文句を言われる筋合いはねぇなあ!」
荒々しい密猟者と話す
荒々しい密猟者
「くそ・・・・・・ゲゲルジュ、いやらしいやつ!
 もとはといえば、コスタ・デル・ソルだって、
 俺らが開拓した集落だったんじゃねえか!
 それを、大金積んで全部奪いやがって・・・・・・!
 今度はオシュオンローゼルの花束なんて高価なものを使ってまで、
 コリブリを奪っていくのか、あの強欲ジジイめ!!」
荒々しい密猟者
「俺らには、何も残されないっていうのかよ!
 集落も、砂浜も、コリブリさえも・・・・・・!
 ・・・・・・ゲゲルジュ!!」
ゲゲルジュに報告
ゲゲルジュ
「ホッホッホ~、密猟者たちは諦めよったか。
 まったく、開拓民の逆恨みは迷惑じゃのう。
 このコスタ・デル・ソルは、
 もともとメルウィブ提督の入植プロジェクトで、
 「集落」として開拓されておったのじゃ。
 しかし塩気の多い土地柄、商品作物ができなくてのう。
 メルウィブ提督が困っておったから、
 ワシが移住先として買い取ってあげたんじゃよ。
 当時の開拓民の一部は、
 ワシを逆恨みしておるようじゃがな。
 まったく、迷惑な話じゃのう~。」
  オシュオンローゼルの花束:オシュオンローゼルの花束