約束のカッターズクライ

約束のカッターズクライ

  • 依頼主 :シボルド(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y10)
  • 受注条件:レベル38~
  • 概要  :ウルダハの元傭兵シボルドは、何か胸に秘めたものがあるようだ。

シボルド
「時は無常ですなあ・・・・・・。
 愚直で知られた私の名も、今では義士の代名詞。
 傭兵団「闇夜の灯火」が威勢を張っていたのも今は昔ですわ。
 隊長のゲルバルドに、副隊長のオブリエ。
 サイモン、チラン・ザプラン、アレソンヌにトールムーン。
 土の下に眠る、かけがえのない私の・・・・・・仲間たち。
 彼らは「カッターズクライ」の奥底で、
 魔獣「キマイラ」の前に力及ばず散っていった・・・・・・。
 ただひとり、私を残して。
 ・・・・・・私はね、卑怯にも、死んだふりをして生き延びたのです。
 それ以来、毎年、彼らの最期の地に花を供えてきましたが、
 寄る年波で、それも叶わなくなってしまいました。
 冒険者さん、どうかこの「ニメーヤリリーの花束」を
 「カッターズクライ」へ供えてきてはいただけませんか。
 そして、叶うのであれば仲間の仇を、どうか・・・・・・。」
ノルマン二等闘兵に話す
ノルマン二等闘兵
「ここは、流砂の迷宮「カッターズクライ」だ。
 ・・・・・・聞こえないか、洞穴内から不気味な声が。
 伝承によれば、あれは「キマイラ」という魔物の声だという。
 お前に冒険者としての腕と自信があるなら、中へ入るがいい。
 しかし、生半可な覚悟では、命を落とすことになるぞ。
 ・・・・・・シボルド殿と「キマイラ」を倒す約束をしたとな?
 あの男、身重の妻のもとへ帰りたいとの一心で、
 生き延びたというが・・・・・・今も後悔し続けているのだろうな。」
  ニメーヤリリーの花束:ニメーヤリリーの花束