業火の召喚獣

業火の召喚獣

  • 依頼主 :トゥビルゲイム(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:巴術士レベル30クラスクエストクリア、かつ呪術士レベル15~
  • 概要  :巴術士ギルドのトゥビルゲイムは、冒険者に任せたい仕事があるようだ。

トゥビルゲイム
「やあ、Nikuq。
 よく来てくれたね、お前さんに話があるのさ。
 「聖コイナク財団」という学術研究組織からなんだが、
 Nikuq宛に、依頼が届いていてね。
 彼らは、現在進めている特別な研究の協力者として、
 蛮神「イフリート」を討伐した経験を持つ巴術士を、
 迎えたがっているらしいんだ。
 お前さんが「蛮神討伐」という、
 稀有な経験を持つ巴術士であることを、
 どこからか聞きつけたんだろうね・・・・・・。
 少しでも興味があるのなら、
 グリダニアの「アプカル滝」にいる財団の研究者、
 「ヤ・ミトラ」を訪ねてみてはどうだい?」
アプカル滝のヤ・ミトラと話す
ヤ・ミトラ
「あなたがNikuq Niuniu?
 はじめまして、私がヤ・ミトラよ。
 私は「聖コイナク財団」の一員。
 財団っていうのは、同盟加盟国とシャーレアンの者たちが、
 古代アラグ文明の知識を求めて設立した研究組織よ。
 最近、私たちはモードゥナ地方で発掘された遺跡で、
 ひとつの重要な発見をしたの。
 古代アラグ帝国で「召喚士」と呼ばれていた魔道士たちが、
 蛮神の力を奪い、使い魔として使役していたという、
 驚くべき記録をね。
 もし、この召喚士の術を復活することができれば、
 今の戦乱の時代を収める力になるかもしれない・・・・・・
 私たちはそう考えたのだけど、ひとつ問題があったわ。
 記録には、こうも記されていた。
 疑似蛮神「召喚獣」を使役するには、
 蛮神を倒し、そのエーテルを身に浴びる必要がある、と。
 つまり「召喚士」になる資格を持つのは、
 蛮神討伐の経験がある者のみ、ということよ・・・・・・。
 あなたを呼んだ意味、わかってくれたかしら?
 もし私の研究に協力してくれるなら、
 南ザナラーンの「ビエルゴズ・ストライク」の西まで来て。
 召喚獣を生み出す儀式「炎の荒行」を行うわ。」
ビエルゴズ・ストライク西のヤ・ミトラと話す
ヤ・ミトラ
「ありがとう・・・・・・来てくれると信じていたわ。
 それじゃ、さっそく「炎の荒行」を始めましょう。
 記録によれば、古代の召喚士たちは、
 召喚したい召喚獣と同じ属性の力が強い土地で荒行を行い、
 己のエーテルを、その属性に近づける術を学んだらしいわ。
 サゴリー砂漠は、火の属性がとても強い。
 焔神「イフリート」をもとにした召喚獣を創りだすのに、
 この地は、もっとも適しているのよ。
 さあ、これを手に取ってちょうだい。
 これは「ソウルクリスタル」・・・・・・
 古の召喚士たちの記憶が封じられた結晶よ。
 そして、己のエーテルが炎に変わるよう瞑想して。
 そうすれば生まれるはずよ・・・・・・炎を抱く召喚獣が!
 ただし、生まれたばかりの召喚獣は不安定な存在。
 だから力尽くで調伏し、あなたを主と認めさせるの。
 それが「召喚士」の秘術よ!」
顕学のヤ・ミトラ
「・・・・・・近くにいるだけで、すさまじい熱気ね。
 でも、あなたと一緒なら、きっと大丈夫!
 イフリート・エギが、ファイアスプライトを呼んだわ!
 囲まれないよう気を付けて、Nikuq!
 Nikuq、「紅蓮の楔」を壊して!
 あの楔が、イフリート・エギの力を高めているわ!
 よし、「紅蓮の楔」は消滅したわ!
 一気にたたみこむわよ、Nikuq!」
(失敗時)
顕学のヤ・ミトラ
「ごめんなさい・・・・・・私の力が、足りなかった・・・・・・。」
ヤ・ミトラと話す
ヤ・ミトラ
「すごい、すごいわ、Nikuq!
 見事、炎の召喚獣を調伏してみせたわね!
 これで「炎の荒行」は完了よ。
 グリダニアの「アプカル滝」に戻りましょう!」
アプカル滝のヤ・ミトラに報告
ヤ・ミトラ
「ついにやったわね!
 あなたは古の召喚獣を復活させたのよ!
 いえ、これは現代における新たなる召喚獣の創造だわ!
 あなたの得た召喚獣は「イフリート・エギ」・・・・・・。
 「エギ」という言葉には、古代アラグ帝国の言葉で、
 「純粋な」とか「本質の」とかいった意味があるの。
 今回、あなたが創造した召喚獣は、
 イフリートの炎の本質を具現化した存在。
 だから「イフリート・エギ」と呼ばれるのよ。
 攻撃性に優れた「イフリート・エギ」は、
 あなたの冒険において、きっと役に立ってくれるはず。
 ・・・・・・召喚獣「イフリート・エギ」をものにした今、
 あなたは「新生召喚士」を名乗るにふさわしい存在になった。
 その「ソウルクリスタル」の、真の持ち主になったのよ!
 でもまだまだ、召喚士としては駆けだしよ。
 この戦乱の時代を制すには、より大きな力が必要になる。
 次は、土の召喚獣の復活を目指しましょう。
 土の蛮神「タイタン」は、
 リムサ・ロミンサで大きな脅威になっていると聞くわ。
 きっと近々、リムサ・ロミンサは討伐隊を編成するはず。
 討伐に参加して「タイタン」を倒すのよ。
 次の召喚獣を生み出すためには、必要なことなの。
 危険だろうけど・・・・・・がんばって!」