学問ノススメ

学問ノススメ

  • 依頼主 :巴術士ギルド受付 ムリー(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:巴術士レベル30クラスクエストクリア、かつ幻術士レベル15~

巴術士ギルド受付 ムリー
「ふむ・・・・・・貴方なら適任かもしれませんね。
 実は最近「実力ある巴術士を紹介しろ」と、
 妙な男性から迫られておりまして・・・・・・。
 斧術士ギルドに所属している方らしいのですがね。
 なんでも、ある「学術調査」に協力してくれる
 巴術士を探しているのだそうです。
 巴術を探求する者にとっても有益な調査だと
 仰っていましたが、はたして本当かどうか・・・・・・。
 なにせ斧術士には、粗野な輩も多いですからね。
 ともかく、興味がおありでしたら、
 「斧術士ギルド」の「アルカ・ゾルカ」という方を、
 お訪ねになってはいかがでしょう?」
斧術士ギルドのアルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「もしかして「巴術士ギルド」から派遣されてきた人?
 いやはや、実にいいタイミングで来てくれたね!
 さっそく、話を聞いておくれよ。
 僕は、斧術士のアルカ・ゾルカ。
 おっと、そこらの筋肉ダルマとは比べないでくれよ。
 新時代を生きる頭脳派斧術士とは、僕のことなんだから!
 僕はね、斧術をさらなる高みへ導くために、
 伝説の「ニーム海兵団」について調べているんだ。
 今よりさかのぼること1500年以上前・・・・・・
 第六星暦時代のバイルブランド島には、
 「ニーム」という名の海洋都市が存在していた。
 当時は、魔法文明の隆盛期でね。
 魔法を濫用した戦乱・・・・・・「魔大戦」が、
 エオルゼア全土で巻き起こっていたそうだよ。
 少数の魔道士しか保有できなかったニームが、
 そんな中、独立を維持できていたのは、
 海兵団の存在があったからだ、と言われているんだ。
 斧を持った多数の海兵と、少数の魔道士で構成された、
 伝説の最強軍団「ニーム海兵団」・・・・・・。
 その強さの秘密を知ることができたら、
 斧術士である僕だけでなく、
 魔法使いであるキミにも益があると思わないかい?
 ・・・・・・でも、ちょっとした問題があってね。
 大枚はたいて冒険者から購入した、ニーム時代の遺物が、
 輸送中に盗賊に奪われてしまったそうなんだ。
 犯人は、東ラノシアの「レインキャッチャー樹林」にある
 船着場近くで、通行人を襲っているらしい。
 まずは、盗賊退治に付き合ってくれ!」
船着場:レインキャッチャーのアルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「協力に感謝するよ。
 ・・・・・・ここで盗賊たちを、待ち伏せるんだ。
 奴らが現れたら、一気に仕掛けるぞ!」
理詰めのアルカ・ゾルカ
「奴らが強奪犯だ! 逃がすものか!
 どうやら片付いたようだね。
 やつらに盗まれた荷物を、探してみよう。」
アルカ・ゾルカ
「これだ!
 伝説の海兵団に関する石版だ!
 な、なんだ、このヘンチクリンな奴は!?
 ハッ・・・・・・!
 もしかして、石版に何か記述があるかも・・・・・・。
 あった!
 海兵団を導いた魔道士・・・・・・軍学を修めし「学者」!
 そして、その使い魔「フェアリー」!
 陽光と癒しの力を司る「フェアリー・エオス」!
 月光と励ましの力を司る「フェアリー・セレネ」!」
????
「Nikuq・・・・・・。」
アルカ・ゾルカ
「すごいぞ!
 キミは古の「学者」の力を・・・・・・
 使い魔「フェアリー」を目覚めさせたんだ!!」
アルカ・ゾルカと話す
アルカ・ゾルカ
「まったくもって、予想外の展開だよ!
 古の軍学魔法を甦らせてしまうだなんてね!
 ともかく、落ち着いて石版を調べるためにも、
 一度、リムサ・ロミンサに戻ろうじゃないか。
 それじゃまた、「斧術士ギルド」で会おう!」
斧術士ギルドのアルカ・ゾルカに報告
アルカ・ゾルカ
「やあ、お戻りだね!
 ちょうど今、回収した石版を読んでいたところだよ。
 ・・・・・・石版の記述によれば、ニームの「学者」たちは、
 キミが拾った輝く結晶「ソウルクリスタル」に、
 軍学魔法の知識を蓄積していたようだね。
 つまり、ソウルクリスタルは「学者の証」であり、
 フェアリー召喚の鍵になるってことさ。
 その結晶は、どうやらキミが持っておくべき物のようだ。
 盗賊退治に協力してくれたお礼、ってわけじゃないけど、
 キミに譲るとするよ。
 僕はこれから、石版をさらに読み進めてみる。
 調査の進展には少しかかりそうだから、
 キミはその間に、フェアリーの扱いを練習していてくれ。」