シダーウッド紛争

シダーウッド紛争

  • 依頼主 :アナオク(低地ラノシア X32-Y19)
  • 受注条件:レベル9~

アナオク
「お前さんにも協力してもろうたように、
 最近、このレッドルースター農場周辺では、
 コボルド族の襲撃が増えておる。
 コボルド族というのは、バイルブランド島の北部
 オ・ゴモロ山一帯を支配している蛮族じゃ。
 もともと、奴らとは古き盟約があってな。
 「海洋資源はリムサ・ロミンサに、地下資源はオ・ゴモロに」
 ・・・・・・戦いに疲れた先人が、そう取り決めたんじゃ。
 そうは言うても、わしらは陸に住まにゃならん。
 だから人はラノシアに住み、奴らもそれを黙認しておった。
 じゃが、最近になって奴らは、
 北のオ・ゴロモ山から南下を始めてのう。
 この農場も、いよいよ危のうなってきよった・・・・・・。
 やはりコボルド族とは、対決せねばなるまいよ。
 何かいい方法はないか、本草学者の「アレンロナ」に
 話を聞いてきてはくれんか?」
アレンロナと話す
アレンロナ
「コボルド族との対決とは、アナオク爺さんも思い切ったな。
 いや、私もいつかはやらねばと思っていた。
 我々が開拓を進める以上、ぶつかるのは必定だったのだ。
 奴らは徒党を組んで、南へと勢力を広げてきた。
 だが急速な人口増加で、慢性的な食糧不足に苦しんでいる。
 坑道で荷車を襲ったのも、おそらく食料目当て。
 だが、都市からの荷物は、農具や衣服ばかり・・・・・・
 今頃、地団太を踏んでいるだろう。
 つまりは、食料を囮にできるということ。
 アナオクさんに手配してもらうといい。」
アナオクと話す
アナオク
「なるほど、食料でコボルド族を呼び寄せるというのか。
 奴らが腹を空かしているなら、上手くいきそうじゃな。
 ちょうど出荷前のドードー肉があるわい。
 農場の荷物を管理する「スカルンマル」に言えば
 すぐに出してくれるじゃろうて。
 その肉をブラインドアイアン坑道に仕掛け、
 釣られたコボルドどもをやっつけるんじゃ!」
スカルンマルから肉を貰う
スカルンマル
「アナオクさんが、コボルド族との対決をついに決意したか!
 それで、囮の肉を用意しろと。
 よしきた、とびきりのを出すぜ。
 こいつで、コボルド族を打ちのめしちまいな!
 肉を仕掛ける場所は、坑道の南側入口前にいる
 採掘師「ク・ワバツィ」に相談するといい。」
ク・ワバツィと話す
ク・ワバツィ
「・・・・・・なるほど、農場がついに立ち上がったか。
 うちらも協力するよ、奴らには頭にきてるからね。
 「肉入りの木箱」なら、物陰の近くに置くといい。
 あとは、その物陰で待ち伏せして、
 コボルドが現れたところを、ガツンとかましちまいな。」
アナオクと話す
アナオク
「どうやら、上手くいったようじゃのう。
 さすがはNikuqじゃ。
 しかし、今後もこういうことはあるじゃろうな・・・・・・。
 農場の警備を見直すべきときかもしれんのう。
 すまんが、リムサ・ロミンサまで行って、
 溺れた海豚亭の店主「バデロン」へ
 今回の件を伝えてくれんかの?
 やっこさんは、警備隊「イエロージャケット」にも、
 何かと顔が利くのでな。
 いいように陳情してくれるじゃろうて。」
リムサ・ロミンサのバデロンと話す
バデロン
「レッドルースター農場が
 コボルド族の脅威にさらされている、だと?
 なるほどな・・・・・・奴らの南下は、そこまで進んでいたか。
 もともとコボルド族ってのはバイルブランド島の北部、
 オ・ゴモロ一帯を支配している蛮族だ。
 奴らとは古い盟約があるとはいえ、
 リムサ・ロミンサとは事実上、敵対関係にあった。
 しかも、最近は凶暴化の傾向があってな・・・・・・、
 ここリムサ・ロミンサのグランドカンパニー、
 黒渦団(こっかだん)の連中も警戒を強めている。
 そこに来て、この南下だ。
 おそらくは奴らの蛮神タイタンを再召喚するため、
 より多くのクリスタルを求めているんだろう。
 このまま奴らの専横を許し、
 コボルド族の蛮神タイタンが復活してしまったら・・・・・・
 リムサ・ロミンサにどれだけ被害が出るか、想像もつかん。
 かつて蛮神タイタンを倒した傭兵たち、
 「海雄旅団」も、今はいないのだからな・・・・・・。
 とにかくだ・・・・・・このコボルド族の一件は、
 俺がきちんとイエロージャケットに伝えておく。
 ご苦労だったな、Nikuq。」