ラノシア名産ふわふわウール

ラノシア名産ふわふわウール

  • 依頼主 :アナオク(低地ラノシア X32-Y19)
  • 受注条件:レベル6~

アナオク
「この農場では、シープの飼育もやっておってな。
 刈り取った羊毛は、麻袋に詰めて保管しておるのです。
 普段なら、北東にある風車へと運び、
 そこで縮絨(しゅくじゅう)してフェルトに加工するんじゃが・・・・・・
 荷運び役が、過労で寝込んでしまってのう。
 代わりに、風車まで届けてもらえんじゃろうか?
 シープの囲いのそばにある「羊毛入りの麻袋」を
 グレイフリート風車群の風車番頭「ヴェイツアレン」へ
 届けてくだされ。」
ヴェイツアレンに羊毛入りの麻袋を渡す
ヴェイツアレン
「「羊毛入りの麻袋」は、まだ来ねぇのか・・・・・・。
 そろそろ届かないと、期日までに
 羊毛の加工が間にあわねぇぞ・・・・・・。」
(羊毛入りの麻袋を渡す)
ヴェイツアレン
「おや、いつもの荷運び係は、ダウンしちまったのか?
 羊毛刈りの時期で、休みなしだったからな。
 ともかく、羊毛を運んでくれてありがとよ。
 この風車では、中にある機械で、
 湿らせた羊毛に圧力を加えてフェルトにしてるんだ。
 それもこれも羊毛がなくちゃ、始まらんからなぁ。」