巴術最大級命題の証明

巴術最大級命題の証明

  • 依頼主 :トゥビルゲイム(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:巴術士レベル30~
  • 概要  :巴術士ギルドマスター代理のトゥビルゲイムは、ク・リヒャからの指示を伝えようとしている。

トゥビルゲイム
「おかえり、Nikuq。
 ク・リヒャの計算どおりのお出ましだね。
 決戦を控え、ク・リヒャの頭は最高潮に冴えている。
 イエロージャケットから、デュースマガの商船が
 東ラノシアのブラッドショア沖合に
 停泊中との連絡が入った。
 その後、デュースマガは
 東方を目指す長い航海に出帆するつもりらしい。
 しばらくはリムサ・ロミンサへ戻らないだろう。
 この機を逃すと、ク・リヒャがデュースマガを
 打倒する機会はなくなるってわけさ。
 失敗できないよ。
 デュースマガは狡猾で、近づくのも難しい。
 だが、ク・リヒャは最高の戦術を策定して、
 すでに現地で作戦行動に入っている。
 まずは、急ぎ「コスタ・デル・ソル」に赴き、
 この紙を漁師「リルジルン」へ渡してくれ。
 その後の指示も、適宜届くはずだ。」
コスタ・デル・ソルの漁師にク・リヒャの手紙を渡す
ヒルスクスクラト
「上等な酒に、上等な女・・・・・・
 お頭も、ご満悦にちがいねぇ。」
リルジルン
「なにか用ですかな?
 釣りに集中したいのだが・・・・・・」
(ク・リヒャの手紙を渡す)
リルジルン
「おお、ありがとよ。あんたが例の巴術士か。
 礼かわりに、今釣った「活きのいいヘリング」をやろう。
 こいつを調理師「オピロナ」へ届けてみるといい。」
オピロナに活きのいいヘリングを渡す
オピロナ
「何か用かい?
 ゲゲルジュ様のお食事の仕込みで忙しいんだが・・・・・・」
(活きのいいヘリングを渡す)
オピロナ
「これは、活きのいい魚だ。
 こいつを調理すれば、ゲゲルジュ様もご機嫌さ。
 あたしの、給金もまたあがるね!
 お礼に、あたしが作った「特製のイールパイ」をあげよう。
 これを地主ゲゲルジュ様に届けるよう伝えてくれと、
 ミコッテ族の巴術士に言われたよ。」
ゲゲルジュに特製のイールパイを渡す
ゲゲルジュ
「なんだ、貴様は?
 うーむ、貴様のニオイ・・・・・・
 さては貴様、「特製のイールパイ」を所持しておるな?
 ワシの大好物を調べてから、
 挨拶に来るとは、殊勝な心がけだの。
 よし、「硬貨の詰まった袋」を取らせるから、パイを・・・・・・。」
(特製のイールパイを渡す)
ペ・エバロー
「お待ちを。
 ゲゲルジュ様にパイを届けた冒険者に、この紙を
 渡すよう、税関公社の検査官から依頼されました。」
紙片の内容
「ゲゲルジュから受け取ったものを
 仕事帰りの踊り子「エルドギス」へ渡す。
 ク・リヒャ」
エルドギスへ硬貨の詰まった袋を渡す
エルドギス
「なんか用?
 いくらくれるかで、相手する時間は変わるわよ?
 子供らが腹すかせて待ってるから、急いでるんだけど。」
(硬貨の詰まった袋を渡す)
エルドギス
「やだ、こんなにお金くれるの!?
 すごーい! これなら、うちの子3人とも、
 しっかりご飯を食べさせられるわ。
 おいしい仕事を引き受けたもんね・・・・・・。
 あっ、これはこっちの話よ。
 さあ、依頼人から指示された品を受け取って。
 ミコッテ族の依頼人から預かった袋と、私のパレオよ。
 このパレオを倉庫番「ドロゴ」に
 届けるように伝えろって言われてるわ。」
ドロゴにエルドギスのパレオを渡す
ドロゴ
「わりい、あんたの相手してるヒマねーんだわ。
 早く仕事かたづけねぇと、またボスに叱られるんだ。
 ん、何かくれるのか?」
(エルドギスのパレオを渡す)
ドロゴ
「おお!!
 これは、憧れの頑張り屋さんの未亡人
 エルドギスさんのパレオじゃねーかっ!!
 ってことは、あんたに例のブツを渡せばいいんだな・・・・・・。
 いや、俺が欲しい物を届けてきた奴に「秘蔵のワイン」を
 渡せって、見知らぬミコッテ族に頼まれてたんだ。
 んで、この酒をフライングシャークでたむろしてる
 船乗りどもに、味見させろってさ。
 やつら柄悪ぃから、気をつけろよ?」
船乗りに秘蔵のワインを渡す
ヒルスクスクラト
「お、酒ついでくれるって?
 なら、味見してやろうじゃないか。」
(秘蔵のワインを渡す)
ヒルスクスクラト
「かーっ、こいつぁ絶品だ!
 この酒をひんがしの国まで運べば、
 バカ売れ確実、大儲け確実だな。
 なあ、あんたうちの商船「モーニングスター号」へ来ねえか?
 お頭に、この酒を紹介してえんだ。」
(商船「モーニングスター号」へ案内される?)
(いいえ)
ヒルスクスクラト
「なに!?
 てめえ、俺に逆らおうってのか!?
 もう一度、よく考えてみろ。」
(はい)
ヒルスクスクラト
「よし、決まりだ。
 よお、ねえちゃん、お前も一緒に来い。
 お前が、今回仕入れた一番のお宝だからな。」
ク・リヒャ
「シッ・・・・・・後でね。」
ヒルスクスクラトと話す
ク・リヒャ
「シッ・・・・・・お静かに・・・・・・。
 エルドギスから受けとった袋・・・・・・
 後ほど渡してくださいね・・・・・・。」
ヒルスクスクラト
「よく来たな。
 船の準備ができたら、出発だ。」
ヒルスクスクラト
「上等な酒に、上等な女・・・・・・
 お頭も、ご満悦にちがいねぇ。」
ク・リヒャ
「あ、あんまり見ないでください・・・・・・。
 最小限の犠牲で商船に乗り込むには
 この戦術が最適だったんです。
 それより、エルドギスから受けとった袋を。
 要る物だけ取ったら、すぐキミに戻しますから。」
ヒルスクスクラト
「おい、おめえら。
 さっきから何コソコソしてやがる!?」
ク・リヒャ
「夜の海は、少々冷えるので。」
ヒルスクスクラト
「そういうことなら、しかたねぇが・・・・・・。」
ヒルスクスクラト
「その貧乏臭いローブ・・・・・・お頭の前では脱ぐんだぞ。」
ク・リヒャ
「はい、もちろん!
 言われずとも、自分から脱ぎ捨てます!」
デュースマガ
「アバズレ提督の飼い犬が!
 調教されに来やがったか!?」
ク・リヒャ
「答えは否!
 「戦術は、望む現実を作るためにある」
 この命題を証明しに来たのです!!」
デュースマガ
「畜生に、夢や希望など存在せぬと思い知れ!
 身の程知らずな妄想ごと、クラゲの餌にしてやろうぞ!」
先読のク・リヒャ
「Nikuq、この魔法陣を利用すれば、戦況を有利に導けます!」
デュースマガ
「ふがいない手下どもが!
 しくじれば、全員、懲罰に処す!」
デュースマガ
「迷惑な狂犬よ!
 今一度、鎖につなぎ、完全なる調教をしてやろうぞ!」
ク・リヒャ
「たったふたりでも、戦術次第で望む現実は作れます!
 デュースマガ・・・・・・覚悟してください!
 これまで、お前が私にしてきたこと・・・・・・
 私を縛る過去の鎖を、今こそ断ち切ります!」
デュースマガ
「迷惑な狂犬は今一度、鎖につなぎ、
 完全なる調教をしてやろうぞ!」
先読のク・リヒャ
「お前が酷使している手下じゃ、私たちを止められません!
 私たちが勝利する確率は、99%です!」
毒心のデュースマガ
「ふん、所詮使い捨てのコマにすぎぬわ。
 犬畜生の戦略なぞ、わが斧で粉砕してやろうぞ!!」
ク・リヒャ
「敗北を悟ったデュースマガ、起立し、右舷前方へ逃走。
 海への脱出を試みる。」
デュースマガ
「はんっ、わしを踊らせたつもりか!?
 甘い、甘い、スキだらけよ!!
 このわしが、犬畜生の術中ごときに、
 はまるとでも思うたか!?」
ク・リヒャ
「そこで、キミが手配したイエロージャケットを目視!」
リルジルン
「この時を待ち望んだぞ、デュースマガ!!
 貴様が大っ嫌いな忠犬に、お縄を頂戴する気分を
 じっくり聞かせてもらうぞ、監獄でな!!」
ク・リヒャ
「以上、証明終わりです。
 ありがとうございます。
 キミなくして、成功しえない戦術でした。
 だから、私の戦術は、まだまだです。
 ・・・・・・当然ですよね?
 「戦術は、望む現実を作るためにある」
 なのに私は・・・・・・本当に望む現実から
 目を背けていたんですから。
 私、ギルドマスターを探しに行きます!
 ギルドのトゥビルゲイムに伝えてください。
 今まで、お世話になりました、と!
 私の戦術は・・・・・・これからが本番です!」
イエロージャケット陸戦兵
「あなたのご助力なしでは、あの大悪党を
 捕らえることはできませんでした、感謝します。
 ギルドマスター代理にもよろしくお伝えください。」
巴術士ギルドのトゥビルゲイムに報告
トゥビルゲイム
「お帰り、いろいろ聞きたいことがあるんだが・・・・・・
 まずは、ク・リヒャが手配していた袋を
 あたしに託してもらえるか?」
トゥビルゲイムに謎めいた革袋を渡す
トゥビルゲイム
「ますは、ク・リヒャが手配していた袋を
 あたしに託してもらえるか?」
(謎めいた革袋を渡す)
トゥビルゲイム
「持ち主から問い合わせが来ていてね。
 大切な商売道具らしいから、あたしから返しておくよ。
 ク・リヒャの門出に、あたしも少しは貢献したいしね。
 それにしても・・・・・・ク・リヒャはやっと出帆したか。
 本当に自分が望む場所へ・・・・・・。
 お前さんのおかげだ、ありがとう。
 ずっと心配だったのさ。
 あの娘は、巴術と戦術策定以外はニブくて
 自分の気持ちに気づかず、苦しそうにしてたからね。
 今後、あの娘が苦手としてた戦闘だって上達するだろう。
 なんせ、ギルドマスターの直接指導だからね。
 ふたりして、一層巴術に没頭するだろうさ・・・・・・。
 これはひょっとすると、お前さん、
 巴術が大発展する歴史的一歩を刻んだかもしれないよ。
 いつか、ふたりに再会した時、対等に渡り合えるよう、
 お前さんに新しい技を授けるとしよう。
 広範囲に様々な効果で、大幅に生命力を奪う術だ。」
トゥビルゲイム
「やあ、よく来たね。
 召喚士と学者の腕前も磨き上げてしまうとはね。
 おまえさんは、まさしくギルド員たちの目標そのものさ。」
(何を聞く?)
(近況について)
トゥビルゲイム
「ク・リヒャが旅立ってからというもの・・・・・・
 ギルドの運営だけでなく、メルヴァン税関公社への
 実務協力なんかも増えて、大忙しさ。
 相変わらず、ギルドマスターからは、
 巴術の研究レポートが届くけど、
 近況の類は触れられていなくてね。
 ク・リヒャはどうしているかねぇ・・・・・・。
 便りがないのが、いい便りってことかねぇ。」
(「巴術」とは何か?)
トゥビルゲイム
「召喚士と学者すら極めてもなお、
 巴術の基本を確認しようとする姿勢・・・・・・
 これこそ、おまえさんが躍進した原動力だろうね。
 「巴術(はじゅつ)」とは、南洋諸島で育まれた、
 「算術」を源流とする魔法体系のことさ。
 魔法という生命の神秘を算術で・・・・・・
 つまり、論理的に解き明かそうとしたことが、
 この巴術が生まれた発端さ。
 魔法陣を昇華させた「魔紋」を使うのも特徴のひとつだね。
 最初に編み出された魔紋が「巴紋」だったことが、
 「巴術」と呼ばれる由来になったんだ。
 そして、生命の神秘を解き明かす過程で、
 魔法生命体「カーバンクル」を生み出すことになった・・・・・・。
 これが最も論理的な魔法体系、巴術だよ。」
巴術士ギルド受付 ムリー
「受付にも声をかけていただけるとは、うれしいです。
 デュースマガ逮捕の件はお手柄でしたね。
 同じギルド員として、鼻が高いですよ。」
  ク・リヒャの手紙:ク・リヒャが記した指令書
  活きのいいヘリング:釣り上げたばかりの活きのいいヘリング
  特製のイールパイ:オピロナお手製のイールパイ
  硬貨の詰まった袋:硬貨の詰まった袋
  謎めいた革袋:謎めいた革袋
  エルドギスのパレオ:エルドギスの愛用パレオ
  秘蔵のワイン:ヴィンテージ物のワイン