胡蝶のはばたき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

胡蝶のはばたき

  • 依頼主 :オフィリオー(黒衣森:南部森林 X18-Y19)
  • 受注条件:レベル23~

オフィリオー
「バスカロンの親父の奴、
 どうも森の中にいた帝国兵のことを心配してるらしい。
 そこで相談なんだが・・・・・・
 バスカロンドラザーズの近くに、
 この辺を根城にしてる賊や密猟者が集まる場所がある。
 そいつらに、帝国兵に注意するよう伝えてきてくれ。
 そんじゃ、うまいこと頼んだぜ。」
密猟団の狩人と話す
密猟団の狩人
「バスカロンが帝国兵のことを心配してるって?
 そうか・・・・・・あの親父が心配するぐらいだ、
 警戒だけはしておいた方がようさそうだな。
 ・・・・・・ところで、最近ここらで噂になってる
 ミコッテ族の冒険者ってなぁお前だろ?
 そのうち「アイサツ」に行くからよ、そんときゃ頼まあ。」
似我蜂団の伝令と話す
似我蜂団の伝令
「・・・・・・森の中に帝国兵がいた?
 バスカロンの情報なら、信じねえわけにはいかねえな。
 ひとまず兵隊の数増やして、警戒しといてやるよ。
 そういえば、ここのとこ噂になってる
 めっぽう強い巴術士の冒険者ってのは、お前だろ?
 ウチの若い奴が、お前と戦うのを楽しみにしてる。
 森でウチのに出くわしたときは、お手柔らかに頼むぜ。
 ・・・・・・もちろん、お互いにな。」
オフィリオーに報告
オフィリオー
「よう、賊どもには会えたようだな。
 ・・・・・・ああいう奴らと顔をつなぐのはイヤだったか?
 だけどよ、ここらでああいう連中と
 顔を合わせとくのも悪かねえと思ったんだよ。
 最近のお前は、良かれ悪しかれ目立ちはじめてる。
 お前の噂を聞いて、興味を持ってる連中も多かったし・・・・・・
 面倒くせえことになる前に、
 顔合わせだけでもしといた方がいいと思ったのさ。」