ダンスタン監視哨の悩み

ダンスタン監視哨の悩み

  • 依頼主 :ルストバン(グリダニア:新市街 X8-Y13)
  • 受注条件:レベル29~

ルストバン
「白狼門の通行を許された冒険者とは貴殿か?
 ・・・・・・これは失礼、私はルストバンと申す者。
 お見受けするところ、相当な実力を持っておられるようだ。
 ついては、この先にある「ダンスタン監視哨」に赴き、
 鬼哭隊の同輩「ティエヴネー」にご助力いただきたい。
 かの者は、貴殿のような御仁の力を必要としているのだ。」
ダンスタン監視哨のティエヴネーと話す
ティエヴネー
「ルストバンから聞いて・・・・・・?
 あいつめ、うれしい気づかいをしてくれる。
 ・・・・・・周辺の大穴とその上の足場には、お気づきか?
 これは霊災時に飛来した火の玉を原因とするものだ。
 木工師の助力を得て、なんとか穴の上に足場を作ったが、
 人手不足で保守点検までは手がまわっておらん。
 そこで、足場の点検を手伝っていただきたいのだ。
 湿気た木には「シュラウドアリオン」が付くことも多い。
 もし見つけたら、駆除をお願いする。」
ティエヴネーに報告
ティエヴネー
「やはりシュラウドアリオンが現れたか・・・・・・。
 冒険者殿、ひとつ頼みがある。
 マルセットなる女にだけは、このことは伏せてもらえまいか。
 その女、魔物の研究をしている博物学者なのだが、
 とにかく変わった御仁で・・・・・・足場に魔物が現れたと知れば、
 床板を剥がして調査をしかねんのだ。
 しかも、そうなれば鬼哭隊はあの女の下僕扱い。
 周辺の鬼哭隊の手が足りぬのは、彼女のせいでもあるのだ。
 ・・・・・・冒険者殿も、重々気をつけることだな。」