森への敬意

森への敬意

  • 依頼主 :イアンナ(黒衣森:南部森林 X18-Y19)
  • 受注条件:レベル22~

イアンナ
「この酒場は黒衣森に抱かれ、守られてる。
 だからこそ、ここへ立ち寄るものには、
 誰であれ、森に敬意を払ってもらうことにしてるんだ。
 もちろんあんたにも、その心を理解しておいてほしい。
 森を守って死んだ「朽ちたトレント」に供えものをして、
 礼を尽くしておいで。
 ますは「アンテロープ・ドゥ」から
 「アンテロープの臓物」を4体ぶん手に入れるんだ。
 それから「ケッドトラップ」から手に入る
 「妖花の花弁」も2つほど必要だね。
 とてもいい香りがするから、トレントも喜んでくれるはずさ。
 この2つを揃えて、順に「朽ちたトレント」に供えるんだ。
 トレントに敬意を表して顔を上げたとき、
 きっと、このお願いの意味がわかるだろうさ。」
バスカロンドラザーズのイアンナに報告
イアンナ
「ちゃんと供えものをしてきたかい?
 ・・・・・・あの「朽ちたトレント」はね、
 第七霊災の影響で枯れちまったトレントのひとつさ。
 トレントが枯れちまったのを知ったとき、
 「これで森を守ってくれるものはなくなったんだ」って、
 あたしらはずいぶん気落ちしたもんだ。
 だがね、枯れたトレントの体からは草木が生えた。
 あのトレントは、そうやって森を生みだして、
 枯れちまった今になっても、森を守ってくれてるんだよ。
 そういう優しいものに守られてることを忘れちまっては、
 バチが当たるってもんさ。
 どうだい、今ならこの言葉の意味がわかるだろ?」